CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google、Cloud Spanner用PostgreSQLインターフェースをプレビュー

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/14 09:00

 米Googleは、オンラインイベント「Google Cloud Next '21」において、リクエスト負荷やデータサイズに基づいてデータを自動的にシャーディングし、パフォーマンスを最適化するリレーショナルデータベース、Cloud Spanner用のPostgreSQLインターフェースのプレビューを発表した。

 Cloud Spanner用PostgreSQLインターフェースを使用することで、Cloud Spannerのスケーラビリティと運用上の利点にアクセスでき、PostgreSQLインターフェースに対して構築したスキーマとクエリの、別のPostgreSQL環境への移植も容易になっている。

 さらに、PostgreSQLインターフェースでは、PostgreSQLクエリをCloud Spannerの既存の分散クエリ処理およびストレージプリミティブにコンパイルできるほか、クライアントの接続に使用される通信チャネルである、PostgreSQLワイヤプロトコルもサポートする。

 また、最下層ではPostgreSQLデータ型とDDL構文のコアサブセットを実装しているため、PostgreSQLの標準SQLを使用してスキーマを定義することが可能であり、Cloud SpannerのPostgreSQLインターフェイス用に作成したスキーマは、他のPostgreSQL互換データベースでも完全にデータに忠実に動作する。

 テーブルインターリーブのような、PostgreSQLとの互換性のないCloud Spannerの機能については、PostgreSQL構文を拡張しており、可能な限り既存のPostgreSQL標準の構文を使用することで、差異を最小限に抑えている。なお、標準の情報スキーマを照会して、データベースとそのスキーマに関するメタデータにアクセスすることもできる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5