CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

自分のスキルをシェアしよう! IT人材にとって「副業講師」に挑戦する魅力をUdemy人気講師に聞く

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/11/17 12:00

 自分の知見を広く伝え、それが誰かの助けになり、学びを深める一助となる。そうした「アウトプット」への期待がエンジニアやIT人材を中心に高まっている。動画講座の形での発信は、オンラインの活用によって急速に身近になり、人気講師も続々と誕生している。オンライン学習プラットフォーム「Udemy」で、Pythonの初心者向け講座などを提供するデータサイエンティストの奏大(かなた)さんもその一人だ。そんな奏大さんにオンラインで教えることの魅力やメリット、オンライン講座を作るコツなどについてお話を伺った。

目次

奏大(かなた)さん

 院卒後、新卒にてSIer会社に入社。主にJavaやPythonによるシステム・アプリ開発に従事。転職にて、現会社に入社。データサイエンティストとして、AI・機械学習によるプロジェクトの推進およびデータサイエンスに関する研修講師を主な仕事としている。

 AIや機械学習をはじめ、プログラミング、データ分析やBI製品、その他ビジネススキル全般に関する研修を実施し、受講者からの事後アンケートでは高評価を獲得。

  • 2020年間実績:研修満足度93%(「研修に満足したか」という問いに対する「満足」の回答率)

会社員以外へと仕事の幅を広げるために、Udemy講師に挑戦

――奏大さんのこれまでのご経歴や現在のお仕事についてお伺いできますか。

 新卒後はSIerとしてさまざまな業界の客先に出向し、主にJavaなどによるシステム開発や運用保守を行っていました。その際、たまたまBI製品を触る機会があり、データ分析の面白さに目覚め、現在の会社に転職しました。

 当初は、顧客向けにデータサイエンスの知識などを教える講師業を主な仕事にしていましたが、近年はデータサイエンティストとして、AIや機械学習を使ったビジネス課題の解決を提案するビジネスコンサルテーションまで含めて活動しています。

――Udemyではどのような講座を提供されているのでしょうか。

 現在は2コースを提供しており、いずれも私が現職で教えていることと関連するものです。最初に作ったのは、「Kaggleで始めるPython AI機械学習入門コース」で、機械学習のコンペティションの環境であるKaggleを利用しながらPythonのコーディングを学ぶもの。そしてもう一つは、統計学に関する初心者向けの講座「豊富な演習でゼロから学ぶ統計学入門コース」です。いずれも初学者を想定しており、Pythonに興味のある大学生や、仕事で興味を持ったビジネスパーソンなどが中心ですね。

※2021/11/10現在の情報です
※2021/11/10現在の情報です

――奏大さんが本業の傍ら、副業としてUdemyで講師を務めることになった経緯をお聞かせください。

 最近の働き方の風潮もあり、たとえ望んだとしても会社に定年までいられないと思ったので、もう一つの収入の軸を作るためにサイドビジネスを探していたんです。そんな時に、知り合いにUdemyを紹介され、まずは受講生として利用しているうちにUdemyから講師のお誘いをいただいたのが講師を始めたきっかけです。仕事でも講師をしていましたし、その知見や経験を活かして副業として仕事の幅を広げられると感じ、講師として登録しました。

――奏大さんが受講生としてUdemyに魅力に感じたポイントにはどのようなものがありますか?

 シンプルで使いやすく、学びやすいというのが第一印象。そして、講座の内容とボリューム、品質の高さに驚きました。たとえば、初心者向けの講座であっても、専門書1冊分に相当するような内容で、それが動画でいつでもどこでも閲覧できるというのは大きな魅力です。

 加えて、他の動画プラットフォームに比べ、Udemyはインターフェイスが学習講座に特化されていることもいいですね。たとえば、データサイエンスなどのカテゴライズがしっかりなされているので、目的やレベルに応じて探しやすいんです。キーワード検索よりも簡単に探せて、ミスマッチも少ないと感じました。

――講師としてUdemyに魅力に感じたのはどのようなところですか。

 受講生として利用してなじみがあったことはもちろん、やはり「教える場」として快適な環境だと思います。もともと動画でのコンテンツ配信を考えていて、発信の方法をいろいろと検討しました。メジャーなところではYouTubeなども考えましたが、Udemyの方が教育プラットフォームとして充実しており、とりわけサポート体制がしっかりしていて「安心して講座の提供ができそう」と感じたのが決め手になりました。

 また、受講生だけでなく講師側から見ても、検索しやすさはミスマッチ抑制になり、評価も受講生が選ぶ基準にとなると同時に講師には励みにもなるので、ブラッシュアップのモチベーションがあがります。

「教える」ことで、新たなステップアップにつながる

――実際に講師として活動を始めてからUdemyについて魅力を感じたポイントはありますか。

 Udemyの場合は、公式のサポートが充実していました。制作中の画面上でのお知らせで気づかされることもありますし、講師向けのFAQもあり、実際に利用してみてありがたかったですね。さらに困ったことや分からないことを、メッセージでサポートセンターに直接聞くことができ、作業をスムーズに進められました。

――エンジニアやIT人材にとって、講師として「教える」ことにはどのようなメリットがありますか?

 月並みですが、自身の知識の整理ができるのは大きなメリットですね。アウトプットすることで考えがまとまり、自分の中での情報資産が溜まっていくイメージです。エンジニアとしての価値を高めていくには、プログラミング知識だけでなく、その背景となるIT知識、たとえばシステムやネットワーク構築の考え方や、バックエンドならデータベース、サーバー設計など、非常に膨大な知識が必要です。本を読んだり、実務で覚えたりはもちろんですが、それらを定着させるために最もシンプルで効果的な方法がアウトプットであり、「教える」ことだと思っています。

――とても納得感がありますが、さらに対価をもらって「教える」となるとちょっと躊躇する人もいるかもしれません。

 確かにお気持ちは分かります。でも、そのハードルを越えてチャレンジすることで、自分が出すものに重みが出る気がします。それこそYouTubeと違う部分かもしれませんが、自分のアウトプットでお金をいただくことに対して、下手なものは出せないという気持ちになりますからね。といっても、Udemyはチャレンジしやすいプラットフォームだと思います。まずは何か得意なこと、伝えられるものがあれば、挑戦してみて、それからブラッシュアップしていくのが良いと思います。

 講座を提供することで自信がつき、考えや知識がまとまり、それをもとにステップアップにつなげていくという、そうしたチャレンジの第一歩としてちょうどよいのではないでしょうか。

――奏大さんご自身は、Udemyで教えることによって、どのような気づきや学びが得られましたか?

 ぱっと思い浮かぶのは、動画作成スキルです。これまで動画作成は経験がなかったので、単純に新しい学びになりました。そして、「教える」ということについては、講師の経験があって慣れていると思っていましたが、オンラインで教えることはまた違っており、さまざまな気づきがありました。

 対面なら、受講生と会話しながら講座を作っていくのですが、動画提供で非同期に教えるのだと当然それができません。そこで、どんな人が受けているのか、何を期待して受けているのか、自分の中で想像しながら進めることの重要性を実感しました。いわばマーケティング的な発想といえるかもしれませんね。

 そこで、受講対象者層を明確にして、その上で受講生にはプレビュー動画から内容を確認してもらう、「初学者向け」と明らかにして丁寧な説明を心がけるなど、さまざまな工夫を行っています。その意味では、直接「見えない受講者が理解できる講座の作り方」を学べるというのが、一番大きな学びになったかもしれません。


関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:キーパーソンインタビュー

もっと読む

著者プロフィール

  • 伊藤 真美(イトウ マミ)

    エディター&ライター。児童書、雑誌や書籍、企業出版物、PRやプロモーションツールの制作などを経て独立。ライティング、コンテンツディレクションの他、広報PR・マーケティングのプランニングも行なう。

  • 近藤 佑子(編集部)(コンドウ ユウコ)

    株式会社翔泳社 CodeZine編集部 編集長、Developers Summit オーガナイザー。1986年岡山県生まれ。京都大学工学部建築学科、東京大学工学系研究科建築学専攻修士課程修了。フリーランスを経て2014年株式会社翔泳社に入社。ソフトウェア開発者向けWebメディア「CodeZine」の...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5