SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Women Developers Summit セッションレポート(PR)

ごくフツーのIT女子が語る「キャリアの不安」「会社選び」「働きやすさ」とは?【デブサミウーマン】

【B-8】ごくフツーの私たちの考えるIT女子的アレコレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「実は〇〇女子部とかって、正直苦手……」。イベントで登壇したり、コミュニティを運営したり、SNSで発信したりなど、パワフルに活動している女性エンジニアはスゴイと思う。でも、みんながみんな常に最前線を走れるわけじゃない。そこで今回は、ごく一般的なキャリアの不安や価値観、ライフステージの変化と仕事、業界ではマイノリティな立場にある女性特有の不都合などについて、ごくフツーの女子たちがぶっちゃけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(左から)アトラシアン株式会社 カスタマーサクセスマネージャー 鈴木朝子氏、株式会社ナビタイムジャパン ASP PJ・プロジェクトマネージャー 笹谷和美氏、株式会社 LIXIL デジタル部門 セールス&マーケティング デジタル推進部 西脇彩氏、アトラシアン株式会社 シニアマーケティングマネージャー 朝岡絵里子氏
(左から)アトラシアン株式会社 カスタマーサクセスマネージャー 鈴木朝子氏、株式会社ナビタイムジャパン ASP PJ・プロジェクトマネージャー 笹谷和美氏、株式会社 LIXIL デジタル部門 セールス&マーケティング デジタル推進部 西脇彩氏、アトラシアン株式会社 シニアマーケティングマネージャー 朝岡絵里子氏

IT業界と女性のキャリアを本音で語るパネリストたち

 本セッションでIT業界と女性のキャリアについて本音トークを展開してくれたIT女子は4人。ソフトウェアエンジニアとしてキャリアをスタートし、ベトナムでプロジェクトマネージャーを経験後、現在はカスタマーサクセスマネージャーとして製品の導入支援などを行っているアトラシアンの鈴木朝子さん。

 ナビタイムジャパンで、社内の共通API基盤の運用と開発プロジェクトのプロジェクトマネージャーを務める笹谷和美さん。PMは1年目だが、開発やマーケティングなどの経験も持つ。LIXILの西脇彩さんは、楽天で15年勤務後、2018年からLIXILでプロダクトオーナーとして働いている。現在、小学生の子どもの母。

 そして、司会進行役を務めたのがアトラシアンのシニアマーケティングマネージャー、朝岡絵里子さん。外資系BIツールベンダーでSEとしてキャリアをスタートし、プロダクトマネージャー、プロダクトマーケティング、ビジネス開発担当、営業などを経てマーケティング担当に。現在は2人の男児の母である。

ライフステージの変化が与える仕事やキャリアへの影響は?

 今回のトークトピックは、全国のエンジニア約420名に実施したアンケート調査。その結果をもとに、それぞれの意見や自身の経験などが語られた。

 最初のテーマは、「今後のキャリアで不安なことは?」。男女別のTOP3は以下のような結果となった。1位の「最新技術情報のキャッチアップ」と2位の「給料」は同じだが、3位は、男性が「望むキャリアが築けるか」なのに対し、女性は「ライフステージの変化がキャリアや仕事のパフォーマンスに悪影響を与えないか」だった。

最新情報のキャッチアップどうしてる?

西脇彩(以下、西脇):私はこれまで小さな悩みはありましたが、キャリアが挫折するような大きな悩みは幸いありませんでした。あえて言うなら、新しいプロダクトが出てきたときに、その魅力や楽しさが理解できなくなる危機感や不安があります。例えば、小学生の息子が夢中になっているTikTokですね。

朝岡絵里子(以下、朝岡):私もTikTokの面白さがよくわかりません(笑)。マーケティングの仕事をしているのに流行ものがわからなくて大丈夫なのか、不安になりますね。テクノロジーの世界は変化のペースが速いので、技術や情報の習得に苦労している人は多いと思います。皆さんは最新技術のキャッチアップはどうしていますか?

鈴木朝子(以下、鈴木):エンジニアが開催する勉強会に参加することが、一番のインプットになっています。ポッドキャストを聴いたり、情報を発信したりしているエンジニアのTwitterをフォローすることでもキャッチアップしています。

笹谷和美(以下、笹谷):業務時間内に開催される社内の勉強会が盛んなので、参加しています。逆に社外の勉強会は、業務外で時間を確保するのが大変で参加できないのか、今の悩みですね。

西脇:私は社外の勉強会が一番多いですね。あとはプロダクトマネージャーのつながりで、オンラインで情報交換をしています。コロナ禍でオンライン勉強会が増えて、参加しやすくなりました。

朝岡:勉強会がオンラインで開催されるのはいいですよね。骨伝導のヘッドホンは子どもの話を聞きながら、参加できるので助かっています。ただ18時から21時は育児ゴールデンタイムなので、できれば22時くらいから開催される勉強会があったらいいなと。

ライフステージの変化に不安ある?

鈴木:サーバーサイドエンジニアをしていた頃は、深夜対応や不定期のアラート対応があるので、ずっと続けられる仕事ではないのかなと悩んだりもしました。社内にすごく仕事ができる女性のサーバーエンジニアの先輩がいたのですが、出産を機に他の職種に転身したことも不安要素の一つですね。

笹谷:職場にまだ出産後に職場復帰して働いている人がいないことは不安ですが、私は出産後も働きたいと思っています。

西脇:結婚は仕事に大きく影響を与えることは幸いなかったし、自分自身も気にしなかったのですが、出産のタイミングをいつにしようかと悩んだ時期はありました。仕事の忙しい時期は避けようと考えましたね。子どもが小さい頃は、トラブル対応で家に帰れないときは実家に頼ったりしていました。

 でも、キャリアを諦めるというよりは、余白みたいなものを自分の中に持たせておくといいのかなと。キャリアに余白を持たせることで、そこに新たなチャレンジが生まれてくると感じています。

やりたいことと、できることって違うもの?

朝岡:「キャリアに余白を持たせる」は、すごくいい考え方だと思います。なりたい自分に近づいていこうとするときに、どうしても好きなことがやりたいことに直結しなきゃという思いがちですが、それが見つからないと焦ってしまう。固執しちゃうと苦しくなるんですよね。そんな経験はないですか?

笹谷:ユーザーのための機能の改善をやりたくて、実際にできる機会が巡ってきたことがあるのですが、なかなか結果が出せなくて。やりたい仕事なのに、自分には向いてないんじゃないかと悩んだ経験はあります。

西脇:一つの組織や会社、仕事にとらわれる必要はないのかなと、最近思うようになりました。いくつもの仕事を持つという考え方もあると思っています。例えば今の会社で、給料が低いとか今の役割では得ることができないスキルを習得するために、別の会社でそのロールを持つことで、悩みを解決できるんじゃないかと。幸いLIXILでは、副業制度があるので利用しています。

 具体的には、スタートアップでプロダクトマネージャーの壁打ち役をしています。複数のキャリアを持つことで、今の仕事では得られない経験や知識も補えるし、気持ちの余裕が生まれるメリットもあります。

朝岡:やりたいことをこれだと決めつけず、まずはできることを増やしていく。そうすると仕事の選択肢も増えて、自分が本当にやりたいことが見つかるかもしれないですね。

ロールモデルにしている女性エンジニアはいる?

鈴木:女性が少ない業界だからか、タフでパワフルな先輩が多い印象があります。自分がそうなれる自信がないので、皆さんがどうなのか気になっています。

笹谷:私も残念ながら、理想とするロールモデルには出会えていないですね。すごくかっこいい先輩はたくさんいるのですが、自分とはかけ離れ過ぎてなれる気がしない方ばかりでした。

西脇:私はこのロールモデルという言葉があまり好きではないんです。人それぞれ強みや弱み、置かれている環境や状況が違うので、全く自分と同じはありません。この人のここはいいからまねしてみよう、この人はここがすごく上手にやっているからまねしてみようというように、私なりのやり方を見つけてきました。時代や環境の変化に自分が合わせていくことも大事だと思っています。

朝岡:たしかに過去の成功体験をいくら分析したところで、未来に対する答えなんてないんですよね。いいところを取り入れて、とりあえずやってみる。それを修正しながら繰り返すことで、なりたい自分に近づけるんじゃないかなと思います。

 一方で多様性が求められる社会の中では、アイデンティティを持って存在感を示していくことも必要です。そこで次は、仕事をする上で重要視する価値観について考えてみましょう。

次のページ
働く環境で最も重要視するのは、一緒に働く上司・同僚

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Women Developers Summit セッションレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

馬場 美由紀(ババ ミユキ)

 エンジニアとテクノロジーが好きな編集・ライター。エンジニア向けキャリアサイト「Tech総研」「CodeIQ MAGAZINE」、Web技術者向けの情報メディア「HTML5 Experts.jp」などでライティング、コンテンツディレクション、イベント企画などを行う。HTML5 開発者コミュニティ「h...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/15358 2022/01/26 16:54

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング