CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グレープシティ、帳票アプリケーションの開発を可能にする「ActiveReports for .NET 16.0J」を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/03/30 10:00

 グレープシティは、Visual Studio上で帳票アプリケーションを開発できる.NET開発コンポーネント「ActiveReports for .NET 16.0J」を、4月20日に発売する。最上位エディション「ActiveReports for .NET Professional」の1開発ライセンス価格は税込308000円で、購入から1年間、テクニカルサポートとフリーアップグレードの利用が可能となる保守サービスが付属している。

 「ActiveReports for .NET 16.0J」は、最新の.NET 6、およびVisual Studio 2022をサポートした。

 あわせて、セクションレポートをASP.NET Coreアプリケーションで利用できるようになり、ActiveReportsが提供する3つのレポート形式すべてにおいて、JSビューワやPDFエクスポートを使用して帳票の出力が可能になる。また、アプリケーションの運用環境としてWindowsだけでなく、LinuxやMac環境もサポートする。

 さらに、セクションレポート、ページレポート、RDLレポートのすべてのレポート形式で、.NET Coreおよび.NETによるデスクトップアプリケーション(Windows Forms/WPF)開発に対応した。

 新機能としては、テキストを縦書きで表示する際に、テキスト内の半角英数字を水平方向に描画する「縦中横(たてちゅうよこ)」が利用できるようになったほか、Chartコントロールで使用可能なチャート形式(プロットテンプレート)への「レーダーチャート」の追加、ページレポートのページオブジェクトへのページの表示/非表示を制御可能な「Visibility.Hidden」プロパティの追加、セクションレポートにおけるPDFフォームを作成するためのレポートコントロール「InputFieldText」および「InputFieldCheckBox」の追加、キーと値のペアで構成されたJSON形式データへの対応、Barcodeコントロールで使用可能なシンボルへの「GS1データマトリックス」の追加、ASP.NET Core Blazorに統合して使用できる「Blazorビューワ」の提供が行われている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5