CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

システム開発者向けドキュメントサービス「TRACERY」がリリース、文書作成やDB設計が可能

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/04/14 10:00

 ビープラウドは、システム開発者向けドキュメントサービス「TRACERY(トレーサリー)」を4月13日に正式リリースした。ドキュメント作成やデータベース設計、ER図やワイヤーフレームの作図など、システム開発に必要な機能を統合したクラウドサービスで、編集履歴や外部サービスとの連携によるトレーサビリティに着目した設計となっている。

 TRACERYは、Markdownによる文書作成機能だけでなく、データベースの設計・管理や作図といった機能を備えており、プロジェクトをスタートする際に複数のツールを使い分ける必要がない。

 また、共有用リンク機能とバックリンク機能により、分断されがちな情報をつなぎ、それぞれをたどりやすくした。共有用リンク機能では、TRACERY内のページや図、データベースなどあらゆる箇所についてピンポイントでリンクを発行できる。バックリンク機能では、GitHub、Redmine、Googleドキュメントなど外部サービスとの相互リンクの自動設定が可能。ドキュメント・コード・イシュー間のトレーサビリティを保つ。

 サービス開発の背景には、トレーサビリティの考え方がある。システム開発において、ドキュメント間の対応関係や変更履歴が記録されている状態(トレーサビリティが確保された状態)を保つことで、工数削減が見込める。

 ビープラウドは、同社の開発業務において複数のツールを組み合わせてトレーサビリティの確保を試行錯誤してきたが、その確保にかかる手間を削減できるサービスとしてTRACERYを開発した。

 料金体系として、2ユーザー・1プロジェクトまで使えるフリープランのほか、ユーザー数・プロジェクト数無制限のスタンダードプラン(月額1100円・1ユーザー)、IP制限や請求書払いに対応するエンタープライズプランの3種類を提供する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5