SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

GitHub Universe 2022 レポート

3年ぶりにリアル開催したGitHub Universe──Keynoteの注目トピックは? 音声でコーディングする「Hey, GitHub!」など多数の新発表

GitHub Universe 2022 レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月9日・10日、GitHubが主催する年に一度のユーザカンファレンス「GitHub Universe 2022」が米国・サンフランシスコの会場で開催された。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、2020年よりオンライン開催してきたが、今回は3年ぶりのリアルイベントとオンライン配信を併用してのハイブリッド開催となった。今年は開発者にとって画期的な、コードの記述を支援するAIペアプログラマ「GitHub Copilot」(以下、Copilot)のビジネス版や、Copilotで新しい音声ベースの対話システム「Hey, GitHub!」のほか、ブラウザベースの統合開発環境(IDE)である「GitHub Codespaces」の一般公開などの発表がなされた。本レポートでは、初日のKeynoteでアナウンスされた新発表の中から注目のトピックについてお伝えする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GitHub Universe 2022は、GitHubのCEO、トマス・ドンケ(Thomas Dohmke)氏によるキーノートから開幕した。Dohmke氏はまず、GitHubのこれまでの歩みと成長について触れた。

GitHub CEO, Thomas Dohmke氏
GitHub CEO, Thomas Dohmke氏

 GitHubのサービスは現在、全世界で9400万人以上の開発者が利用していると言われている。2018年からMicrosoftが所有するこのソースコードリポジトリの最大手は、15年前に最初のコードの行がコミットされたことから始まった。現在では、年間経常収益が10億ドルに達している。

 Dohmke氏は、「これまでも、この先も、GitHubが全ての開発者にとって『ホーム』となるべく、あらゆる用途に適し、ベストプラクティスが得られるプラットフォームとなることを目指している」と話し、オープンソースの世界がGitHubを中心に今後も拡大していくとの予見を示した。

[補足]

 この1年間のGitHubの拡大と、オープンソースのグローバルトレンドについては、GitHub Octoverseにて詳しく記載されている。

あらゆる規模の企業で利用が可能な「GitHub Copilot for buisiness」、音声のみでCopilotを操作する「Hey GitHub!」

 今年の初めに発表され注目を浴びた「GitHub Copilot」(以下、Copilot)。CopilotのことをRizel Scarlett氏(Developer Advocate)は、「エディターでコードを提案してくれるAIペアプログラマーである」と紹介。詳細について、デモを交えてScarlett氏が発表した。

GitHub Developer Advocate, Rizel Scarlett氏
GitHub Developer Advocate, Rizel Scarlett氏

 Copilotは、コードやコメントを入力すると、AIによって次のコード行を提案してくれる拡張機能だ。Neovim、JetBrains IDE、Visual Studio、Visual Studio Codeといったエディタとの統合に対応し、OpenAIのCodexによって提供される。

 1年間のベータ版の運用を経て、2022年6月に個人開発者向けにリリースされた。個人向けの場合、1ユーザーあたり月額10ドル、年間100ドルで利用が可能。

 そして今回新たに発表されたのは、Copilotのビジネス版である「GitHub Copilot for business」だ。ビジネス版の提供が開始されることで、企業が従業員用にCopilotのシートライセンスを購入・管理できるようになった。また、 Copilotのさまざまな設定を組織に代わって管理することも可能となった。

 続けてScarlett氏は、「GitHub Copilotを誰でも使えるようにすることが目標。そこで、この目標に向けた次のステップとなる、いま私たちが取り組んでいることをお見せしたい」と、スクリーン上にエディタ画面を映し、音声のみでCopilotの操作が可能な「Hey, GitHub!」のデモを披露した。

 Hey, GitHub!のデモは、音声認識によって自然言語を認識し、その内容をCopilotがAIの推奨するコードに自動的に置き換えてくれる、というものだった。会場の驚きを呼んだその具体的なデモの様子を一部紹介する。

 Scarlett氏:Hey, GitHub! Let's write some codes.

 GitHub側:I activate code mode.(コードモードが起動)

 Scarlett氏:Import a graph plotting library.

 GitHub側:Here is a recommendation for you.(import文を3行示す)

 Scarlett氏:A function to analyze the sentiment of text with a free web service.

 GitHub側:Here is a recommendation for you.(関数のコードを5行示す)

 Scarlett氏:Change it to return a boolean.

 GitHub側:Here is a recommendation for you.(上述のコードの一部を変更)

 このようにScarlett氏が発したコーディングの内容が、エディタ画面にどんどん記述されていき、最後に「Hey, GitHub! Run the program.」とプログラムを実行すると、その結果画面が表示された。

 実際にSiriやAlexa、Google Assistantなどの音声認識に話しかけるように、音声だけでコーディングから実行までが行われるため、キーボードに触れる必要が一切ない。GitHubによると、手での入力が困難な開発者にとって利用しやすくすることが目的だという。

Hey, GitHub!
Hey, GitHub!

 実はこのHey, GitHub!、現在はまだ実験的段階であり、Visual Studio Codeでのみ動作する。テクニカルプレビューとして提供されており、利用希望者登録を行えば、実際に使用できてフィードバックも行える。今後、さらなる研究とテストを重ねて機能を拡張していく予定だ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「GitHub Codespaces」の一般提供開始、全ユーザーに公開した背景とは?

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

鍋島 英莉(編集部)(ナベシマ エリ)

2019年に翔泳社へ入社し、CodeZine編集部に配属。同志社大学文学部文化史学科卒。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/16863 2022/11/17 10:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング