Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

カスタム関数/プラグインによるFileMaker Proの機能拡張

第11回 FileMakerプラグイン作成の基礎

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/05/21 15:00

目次

3-2. カスタム関数を定義

 FileMaker Pro Advancedの[ファイル]メニューから[管理]-[カスタム関数...]を選択します。

 「カスタム関数の管理」ダイアログボックスで[新規]ボタンをクリックし、「カスタム関数を編集」ダイアログボックスを表示します。このダイアログボックスでカスタム関数を定義します。

 

 まず、カスタム関数に名前を付けます。今回は「GetArg」と付けておきます。

 次に引数として、DataGetDataSepGetPositionを定義します。引数は「関数の引数」欄に名前を入力し[+]ボタンをクリックすることで定義できます。引数が無事に定義されると、「関数の引数」欄の下に定義した引数の名称が表示されます。また、「関数の引数」欄の下に「GetArg ( Data ; GetDataSep ; GetPosition ) =」と表示されますが、これがこのカスタム関数の呼び出し方法となります。

 
 

 つぎに、先に整理した計算式を「GetArg ( Data ; GetDataSep ; GetPosition ) =」の下にある大きな枠に貼り付け(ペースト)、[OK]ボタンをクリックします。作成した計算式に問題がある場合は、[OK]ボタンをクリックした時点でアラートが表示されますので、メッセージに従って計算式を修正しましょう。

 

 さて、これでカスタム関数の「GetArg」の定義は完了です。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 給前 悟郎(キュウゼン ゴロウ)

    大学卒業後入社の企業で初めてFileMaker Proに出会い、主に社内システムの開発を担当。その後独立系ソフトウェア開発企業を経て、現在は(株)ジェネコムのスタッフとしてFileMakerによるシステム構築を手がけている。FileMaker 9 認定デベロッパ。

バックナンバー

連載:FileMaker Pro 実践チュートリアル

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5