CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

FileMaker API for PHPで検索結果を表示する基本テクニック

FileMaker API for PHPの利用 1:レコード検索のテクニック

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/05/29 17:45
目次

検索フォームの作成

 それでは、まず検索フォームを作りましょう。

 ジャンルやメーカーはプルダウンで選択して検索できるようにしたいので、検索フォーム表示の際に、データベースにアクセスしてジャンルテーブルとメーカーテーブルの値を取得しておくようにします。

コード1:search.php
<?php

//文字コード指定 ※1
header("Content-Type: text/html;charset=utf-8");

//APIのインクルード ※2
include_once('FileMaker.php');

//FileMakerクラスを用いてFMに接続する。 ※3
$fm = new FileMaker();
$fm->setProperty('database', 'Catalog');
$fm->setProperty('hostspec', 'http://localhost');
$fm->setProperty('username', 'web');
$fm->setProperty('password', 'pass');

//レイアウト情報を取得し、ジャンルとメーカーの値一覧のデータを取得。※4
$layout=$fm->getLayout('web_catalog');
$genres = $layout->getValueList('Genre');
$makers = $layout->getValueList('Maker');

?>
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=utf-8" />
<title>カタログ検索</title>
</head>
<body>
<h1>カタログ検索</h1>
<form action="result.php" method="get"> ※5
<table>
    <tr>
        <th>商品ID</th>
        <td><input type="text" name="ID" value=""></td>
    </tr>
    <tr>
        <th>商品名</th>
        <td><input type="text" name="Name" value=""></td>
    </tr>
    <!--FMから取得した値一覧の値を展開 ※6-->
    <tr>
        <th>ジャンル</th>
        <td><select name="Genre_Name">
            <option value=""></option>
            <?php
            foreach($genres as $genre){
                echo '<option value="'.$genre.'">'.$genre.'</option>';
            }
            ?>
            </select>
        </td>
    </tr>
    <tr>
        <th>メーカー</th>
        <td><select name="Maker_Name">
            <option value=""></option>
            <?php
            foreach($makers as $maker){
                echo '<option value="'.$maker.'">'.$maker.'</option>';
            }
            ?>
            </select>
        </td>
    </tr>
    <tr>
        <th>登録日</th>
        <td><input type="text" name="RegistDate" value=""></td>
    </tr>
</table>
<p><input type="submit" name="_search" value="検索実行"></p>
</form>
</body>
</html>
  1. 作成したPHPファイルが文字コードUTF-8で記述されていることを明示するために、PHPのheader関数を使って文字コードを出力するようにしています。
  2.  
  3. FileMaker API for PHPを読み込みます。
  4.  
  5. 変数$fmFileMakerクラスのインスタンスが作成されます。setPropertyメソッドを使ってデータベース名やアカウント情報などを設定し、データベースに接続します。
  6.  
  7. FileMakerクラスのgetLayoutメソッドを利用して、接続したデータベースのレイアウト情報を取得します。このレイアウト情報からgetValueListメソッドを利用してフィールドに設定している値一覧などの情報を取得できます。ここでは、$genresにFMで設定した値一覧「Genre」の値の配列が入り、$makersに「Maker」の値の配列が入ります。
  8.  
  9. フォームの送信方法をGETにします。検索結果をページ分割して表示する際に、検索条件の引き継ぎの処理の記述がシンプルになります。
  10.  
  11. 取得した値一覧のデータ、$genres$makersforeach関数を使ってプルダウンリストとして展開します。

 作成したファイルにアクセスしてみます。

http://【serverIP】/catalog_search/search.php

 実行した結果のイメージは次のようになります。

図1:検索フォーム
図1:検索フォーム

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 堀 直樹(ホリ ナオキ)

    大学卒業後入社の企業にて、趣味のFileMaker使いからなりゆきで社内のシステム担当となり社内システムの開発に孤軍奮闘する。その後ソフトハウスに転職してFileMakerによるシステム開発に従事し、現在は株式会社キクミミにて数々の企業のシステムを開発する。PHPによるカスタムWebでのシステム構築...

バックナンバー

連載:FileMaker API for PHPの利用
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5