Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft、Visual Studio SP1および.NET Framework SP1公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/08/12 19:02

Microsoftは、「Visual Studio 2008 Service Pack 1」「.NET Framework 3.5 Service Pack 1」の開発を終え、リリースを開始したと発表した。

 Microsoftは12日、「Visual Studio 2008 Service Pack 1」「.NET Framework 3.5 Service Pack 1」の開発を終え、リリースを開始したと発表した。それぞれMicrosoftのWebサイトよりダウンロードできる。なお、「Visual Studio 2008 Express Edition」に関してはService Pack単体の提供がないため、インストールしているVisual Studio 2008 Express Editionをアンインストールしたのち、「Visual Studio 2008 Express Edition with Service Pack 1」をインストールする必要がある。

Visual Studio 2008 SP1

 Visual Studio 2008 SP1は、.NET Framework 3.5 SP1の新機能を活用できるように設計されており、「WPFアプリケーション開発のためのデザイナーの強化」「AJAXアプリケーション開発のためのツールの強化」「ADO.NET Entity Framework向けのデザイナーの強化」「JavaScript開発環境の強化」などが盛り込まれている。

 また、SQL Server 2008を活用した開発向けに機能を充実させ、常時接続が困難なアプリケーションや空間情報を扱うアプリケーション開発をサポートするとともに、追加コントロールも提供している。

.NET Framework 3.5 SP1

 .NET Framework 3.5 SP1では、「.NET Framework Client Profile」を新たに導入、クライアントアプリケーションに必要となる機能のみを提供することで、.NET Frameworkのサイズを86.5%(197MBから26.5MBまで) 縮小している。さらに 共通言語ランタイム(CLR)の機能を強化し、アプリケーションの起動時間を20~45%短縮した。

 また、.NET Framework 3.5 SP1には「ASP.NET Dynamic Data」「ADO.NET Data Services」「ADO.NET Entity Framework」といったフレームワークが含まれており、データ駆動型サービス開発時の生産性を向上させられるようになっている。

 
【関連リンク】
Microsoft Visual Studio(R) 2008 Service Pack 1 および.NET Framework 3.5 Service Pack 1 を8月12日(火)に開発完了、同日より提供開始(プレスリリース)
Visual Studio 2008 Service Pack 1 および .NET Framework 3.5 SP1(ダウンロード情報)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5