Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google、ガジェット開発者向け開発環境「iGoogle Sandbox」の日本語版をオープン

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/08/23 00:05

Googleは22日、iGoogleのガジェットプログラマー向け開発環境「iGoogle Sandbox」を日本語化し、実験的に公開した。Sandboxは、次期iGoogleのインターフェースを備える。サインアップページよりアクセスできる。

 Googleは22日、iGoogleのガジェットプログラマー向け開発環境「iGoogle Sandbox」を日本語化し、実験的に公開した。サインアップページよりアクセスできる。

iGoogle Sandbox
iGoogle Sandbox

 Google Sandboxは次期iGoogleのインターフェースを備えており、開発者は新規ガジェットの作成やテスト、配布を行える。既に米国では4月にオープンしていた。(関連記事:Google、ガジェット開発者向け開発環境「iGoogle Sandbox」公開

 現在のiGoogleは上辺にタブが表示されているが、iGoogle Sandboxでは「レフトナビゲーション」と呼ばれるガジェット一覧を表示するメニューが、左辺に配置されている。「ホーム」「ニュース」「ツール」といった各メニューをクリックすることで、瞬時にガジェットへアクセスすることができる。

左辺メニューより様々なガジェットにアクセスできる
左辺メニューより様々なガジェットにアクセスできる

 ガジェットそのものにもiGoogle Sandbox用のメニューが用意され、ガジェットを最大化する「キャンバスビュー」や詳細情報へのアクセス機能が追加されている。OpenSocialコンテナに対応したことで、友人情報を把握するソーシャル・アプリケーションなども、iGoogle上で展開できるようになった。

キャンバスビューで最大表示したGmailガジェット
キャンバスビューで最大表示したGmailガジェット

 残念ながら、公式ブログや開発者サイトなどはまだ日本語未対応のまま。しかし、Googleが認定したAPI Expertが運営するコミュニティ「Google-Gadgets-API-Japan」にて、iGoogle Sandboxに関連する話題が取り上げられており、「旧iGoogleとの下位互換をとる方法」といったエントリーも上がっている。

 なお、iGoogle Sandboxの日本語版は実験的な公開であるため、予告なく利用できなくなる場合があるという。

 
【関連リンク】
iGoogle Sandboxサインアップページ
iGoogle Sandbox 日本語版がオープンしました:Google Japan Blog
Google-Gadgets-API-Japan

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5