CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

設計者本人に聞く、 C++次期仕様「C++0x」を理解するための参考文献~Bjarne Stroustrup氏との対話~

第6回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/12/04 14:00

目次

Question6:どの資料を読めばC++0xの概要が分かりますか?

 Question : Which paper(s) do you want us to read?

  To compile this simple question, I visited many many Web sites such as the official site and your summary site. All I could understand is that all those papers are written for the committee members, not for ordinary people like me. How do you educate newcomers? I suspect C++ experts do not speak the same language as novices. Do you expect them to produce good tutorial books? Not many C++ books satisfy you, the original C++ designer. There are many developers in the world who want to get a big picture about C++0x. To do that, would you list two or three must-read papers for us?

 今回の質問を送信するにあたり標準化委員会の公式サイトや、あなたのサイト「My C++ Standards committee papers」をはじめとするいろいろなサイトを訪問しました。結論を言えば、公開されている資料のほとんどは、私のような一般の人向けではなく、委員会のメンバー向けのようです。初学者への配慮は見られません。C++のエキスパートたちは初学者に説明する際の言葉を知らないのではないかと疑います。良質なC++教育図書が出版される可能性はあるのでしょうか。C++を設計したあなたから見た場合、これまで出版された多くのC++図書は満足できるものではありませんでした。C++0x仕様の概要を理解したいと思っている開発者は世界中にたくさんいます。どのような資料を読めば概要を理解できるでしょうか。2~3、資料をリストアップしてください。

Stroustrup氏の回答1:C++0x普及のためには、開発者たちへの教育努力が必要になります

  That's right. The WG21 papers are written by and for committee members who are experts in some aspect or other of C++. Even the tutorial parts of these papers (when there are any) are hard because they are often tutorials to help experts to understand the most obscure details of a proposal. The draft standard itself is probably the worst introduction even though it is a comprehensive high-quality document: it contains essentially no introductory material, has relatively few examples, has endless details, and is written in a complicated semi-formal language.

 Obviously, there will have to be an effort to educate not just novices but also the many current C++ programmers and people who once knew C++ and will have another look at it when C++0x becomes widely available. Ill do my part - with papers, interviews, talks, and eventually books - but many people will contribute in a wide variety of ways. Quite a few people in the committee are accomplished in tutorial presentations and many have friends who are.

 そのとおりです。WG21資料は、委員会メンバーにより、委員会メンバーのために用意されたものです。委員会のメンバー諸氏は、C++エキスパートに値する何らかの専門知識を持っています。資料の中には教育的な性格を備えるものもあると思われますが、取り上げられている内容はそれでも高度です。これらの教育的な資料は、提案内容の細かな部分に残るあいまい性を取り除くために用意されています。つまり、あくまでもエキスパート向けの教育資料なのです。ドラフト仕様は情報量の多い高品質な総合資料と言えるものですが、入門者向け資料ではありません。入門レベルの情報は皆無ですし、サンプルコードもほんの少ししか含まれていません。また、文章は難解な非公式用語で起草されています。

 もちろん、初心者だけではなく、現役のC++プログラマや、従来とは違った角度からC++0x新仕様を検討することになる熟練C++開発者たちへの教育努力が必要になります。この作業は、資料の公開、マスメディアとのインタビュー、対談や講演、書籍出版などを通して私が引き受けることになるでしょう。しかし、この面での多くの人々による貢献を期待しています。委員会には初心者向けのプレゼンテーションを得意とする多数の人々が参加しています。彼らの友人たちの貢献にも期待できます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Bjarne Stroustrup氏との対話

著者プロフィール

  • 豊田 孝(トヨタ タカシ)

    「Windows PowerShell実践スクリプティング―オブジェクト指向と集合指向の統合シェル」(秀和システム発行)と「IT技術者として生き抜くための十ヶ条」(翔泳社発行)の近著2冊にて本音の数%を吐露。最近の活動傾向は、こちらを参照してください。  

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5