CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

2008年、Googleがリリースしたサービス/APIのまとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/12/24 15:23

 今年も多くのサービスや話題を提供してきたGoogle。Google Code Blogの23日付けエントリーにおいて、Googleが2008年に発表したサービス/APIの総括が述べられてる。

 今年も多くのサービスや話題を提供してきたGoogle。Google Code Blogの23日付けエントリーにおいて、Googleが2008年に発表したサービスの総括が述べられてる。

 同ブログでは、今年新たにリリースしたサービスとして以下の7つをあげている。

  • App Engine
    Googleのインフラ上でWebアプリケーションの実行/開発が行えるホスティングサービス。4月に限定公開、5月に一般公開した。一般公開時には、15万人以上がウェイティングリストに入っていたという。現在はプレビュー版となっており、無料で利用できる。年明けには有料プランも開始される予定となっている(参考リンク:15万人が待っていた、「Google App Engine」一般公開)。
  • Web Toolkit 1.5
    JavaでAjaxアプリケーションを作成するための開発ツール。8月末にリリースされたバージョン1.5からはJava 5をサポートし、パフォーマンスも向上した。
  • AJAX Language API
    3月に発表された、JavaScriptだけを使用して複数言語を簡単に翻訳/検知できるAPI。Webページ上のテキストフィールドやテキストエリアで、英語から日本語、日本語から英語といった文字変換を行える。また、文字列が何語で書かれているかを自動判別することもできる。現在、85ヶ国語に対応している。
  • AJAX Libraries API
    人気のあるAJAXライブラリにGoogleサーバーから直接アクセスするためのAPI。jQuery、jQuery UI、Prototype、script.aculo.us、MooTools、DojoといったオープンソースのJavascriptライブラリへ、アプリケーションからアクセスできる。
  • OpenSocial
    ソーシャルネットワークアプリケーション用のAPI群。2007年末に既にリリースされていたが、今年は成長の年になったといえる。現在、20以上のサイト、6億を超える開発者によって、OpenSocialは利用されているという。FacebookやMySpace、国内ではmixiでも採択されている。

 このほかにも、「YouTube API」、GoogleスプレッドシートからSQLライクな言語でデータを読み込むことができる「Visualization API」、GoogleマップをFlashから利用できる「Maps for Flash API」、クライアントアプリケーションでGoogle Financeのコンテンツを表示/更新できる「Finance API」、Googleの検索機能を活用し自分のニーズや興味に合わせた検索エンジンを作成できる「Custom Search API」など、Goolgeアプリケーションの統合や拡張をシンプルするためのAPIをローンチしてきたとしている。

 
【関連リンク】
2008 Year in Review:Google Code Blog
【関連記事】
【Google Developer Day 2008】次世代Webのキーワードは「3つのC」
【Google Developer Day 2008】いつの間にか、大量のサービスをサポート「Google Data API」のまとめ
【Google Developer Day 2008】 Google App Engineをおさらいしよう
【Google Developer Day 2008】 Gearsはオフラインだけじゃない!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5