CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Webサービスの開発にフレームワークが必要な理由 ~Perl/Ruby/PHPユーザーのためのMVCフレームワーク入門~

第3回 自分に適したフレームワークとは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/02/24 14:00

目次

PHP/Ruby/Perlで使用されているフレームワーク

 前回に引き続き各言語におけるフレームワークを比較します。

 前回は現在のWeb開発手法の多様化を明確にするためにMVCフレームワークに限定して紹介しましたが、今回はMVC構造に限らずさまざまな興味深いフレームワークを比較します。

※注

今回紹介した以外のフレームワークについては、

を参照ください。

Rubyフレームワークの比較

Merb(マーブ)

  • 特徴
    • MVC構造
    • RoRよりも軽量のため小規模のサイト構築に向いているほか、サードパーティ製のライブラリとマッシュアップしやすいなど、柔軟な対応が可能
    • テンプレートエンジンの選択が柔軟
    • 非常に新しく(Merb 1.0は2008年11月にリリース)、Rubyにおけるフレームワークの方向性が伺える
  • インストール・設定方法
    • パッケージシステム「RubyGems」をインストール後、次のコマンドを実行するだけでインストール完了
    • $ sudo gem install merb rspec --include-dependencies
      

Ramaze(ラマズ/ラメズ)

  • 特徴
    • MVC構造
    • 簡潔・軽量
    • Merb同様テンプレートエンジンの選択が柔軟で、Tenjin、Amrita2、XSLT、Liquid、Hamlなどが使用できる
  • 関連リンク
    • Ramaze[[http://ramaze.net/]](英語)
  • インストール・設定方法
    • パッケージシステム「RubyGems」をインストール後、次のコマンドを実行するだけでインストール完了
    • $ gem install ramaze
      

Webby(ウェビー)

  • 特徴
    • MVC構造
    • 静的なHTMLを生成・管理するフレームワーク
  • 関連リンク
  • インストール・設定方法
    • パッケージシステム「RubyGems」をインストール後、以下のコマンドを実行するだけでインストール完了
    • $ gem install hpricot --VERSION=0.6.0
      $ gem install webby
      $ gem install haml
      

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Ruby/Perl/PHPユーザーのためのMVCフレームワーク入門

著者プロフィール

  • 伊藤 敦史(イトウ アツシ)

    株式会社クリエイティブホープ システムエンジニア 1978年生まれ 新潟県出身 20代の早い段階から、インタラクティブアートに興味を持ち個人的に創作活動を行う。 その後、プログラマーとして活動を始め大手ポータルサイト運営企業で設計、構築を経験後、現職へ。 趣味は落語を見に行くこと。

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5