Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google Wave開発者の準公式コミュニティ
「Google-Wave-API-Japan」発足

26日にキックオフミーティングも開催

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/11/27 12:38

  Google Wave APIを利用する開発者のコミュニティ「Google-Wave-API-Japan」が発足し、26日にグーグル株式会社7階(東京都渋谷区)でキックオフミーティングを開催した。

 Googleが次期コミュニティプラットフォームとして開発を進める「Google Wave」のAPIを利用する開発者のコミュニティ「Google-Wave-API-Japan」が発足し、26日にグーグル株式会社7階(東京都渋谷区)でキックオフミーティングを開催した。

 Google WaveではAPIを利用して、Wave上でユーザーのようにふるまう「ロボット」や、Wave内に貼りつける「ガジェット」を作成できる。また「エンベッドAPI」によって、Waveを任意のWebページに貼りつけることもできる。

 「Google-Wave-API-Japan」はGoogleの準公式コミュニティで、Googleが認定したGoogle API Expert(Google Wave API担当)であるあんどうやすし氏(株式会社シーサー)とa2c氏がコミュニティリードを務める。

 キックオフミーティングのライトニングトークでは、あんどうやすし氏が「Google Wave API比較」と題して、ロボットAPI、ガジェットAPI、エンベッドAPIの3種類をどう使い分けるかをプレゼンした。また、米GoogleからGoogle Wave API担当のデベロッパープログラムエンジニア、パメラ・フォックス(Pamela Fox)氏が来日し、Waveガジェットのデモなどを行った。

あんどうやすし氏のプレゼン「Google Wave API比較」
あんどうやすし氏のプレゼン「Google Wave API比較」
左:パメラ・フォックス(Pamela Fox)氏 右:Waveガジェットのデモ
左:パメラ・フォックス(Pamela Fox)氏 右:Waveガジェットのデモ

 
【関連リンク】
Google-Wave-API-Japan:Google グループ

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5