SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Scott Guthrie氏 Blog翻訳

ASP.NET MVC 3: Razorでのレイアウト

ScottGu's Blog翻訳

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本稿は、Scott Guthrie氏のブログを、氏の許可を得て、翻訳、転載したものです。米Microsoft社の副社長で、ASP.NETやSilverlightの開発チームを統率する氏のブログでは、次期製品を含む最新の技術をいち早く紹介しています。原典:ASP.NET MVC 3: Layouts with Razor。

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本稿は、Scott Guthrie氏のブログを、氏の許可を得て、翻訳、転載したものです。米Microsoft社の副社長で、ASP.NETやSilverlightの開発チームを統率する氏のブログでは、次期製品を含む最新の技術をいち早く紹介しています。

 原典:ASP.NET MVC 3: Layouts with Razor

ASP.NET MVC 3: Razorでのレイアウト

 2週間前、ASP.NET MVC 3ベータ版リリースを出荷しました。これは『go live』デプロイメントをサポートし、多くの改善点も提供します。ベータ版の告知投稿で、ASP.NET MVC 3の新機能の概要が確認できます。また、初回のプレビュー版リリースで出現した他のASP.NET MVC 3機能については、最初のASP.NET MVC 3プレビュー版投稿で確認してください。

 この投稿は、 ASP.NET MVC 3ベータ版の新機能をいくつか詳細に紹介していく『ミニ投稿』シリーズの2つ目です。

 本日の投稿では、Razorのページのレイアウトと、最新のASP.NET MVC 3ベータ版で導入された改善点について話します。

Razorの基礎

 ASP.NET MVC 3は、『Razor』と呼ばれる新しいビューエンジンオプションとともに出荷されます(既存の.aspxビューエンジンは継続してサポート/改善されます)。

 Razorの紹介というブログ投稿で、Razorを導入した理由やその文法などの詳細を確認できます。もしまだその投稿を読んでいない場合は、ちょっと読んでみて下さい(ここからはそれを読んでいることを前提にしているためです)。Razorの紹介投稿を読まれたら、ASP.NET MVC 3プレビュー版投稿も読んで、そこにあるASP.NET MVC 3 Razorのサンプルを確認してください。

レイアウトとは?

 通常、Webサイト/アプリケーション内で、全てのページに統一感のある見た目と操作性を心がけます。ASP.NET 2.0では『マスターページ』の概念を導入し、.aspxベースのページまたはテンプレートを使用することで、これを可能にしました。Razorもこの概念を『レイアウト』と呼ばれる機能でサポートしており、これにより共通のサイトテンプレートが定義でき、サイト上のすべてのビュー/ページに渡りその見た目と操作性が継承されます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
Razorでレイアウトを使用

この記事は参考になりましたか?

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Scott Guthrie氏 Blog翻訳連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

WINGSプロジェクト Chica(チカ)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

Scott Guthrie(Scott Guthrie)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/5548 2010/11/17 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング