CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

速習 Unity 2Dゲーム開発
~第5回 キャラクターのアニメーション(前編)

速習 Unity 2Dゲーム開発 第5回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/11/20 14:00
目次

アニメーションの作成

 それではアニメーションを作っていきましょう。

 今回は「右に歩く」「左に歩く」「右向きでジャンプ」「左向きでのジャンプ」という4つの動作を作成します。4つの動作とコマは以下の画像のような関係です。

アニメーションとコマの関係
アニメーションとコマの関係

 また停止している状態も必要なので「右向きで停止」「左向きで停止」も併せて作成します。

Amimationウィンドウの起動

 Hierachyウィンドウでcharactorを選択した状態で、上部メニューの「Window」-「Animation」をクリックします。

Animationウィンドウの起動
Animationウィンドウの起動

 Animationウィンドウがポップアップします。

Animationウィンドウ
Animationウィンドウ

Animationの追加

 Animationウィンドウの「Add Curve」ボタンを追加してアニメーションを追加します。「Add Curve」ボタンが表示されていない場合は、アニメーションを追加する対象のキャラクターを選択していない可能性があるので、Hierarchyウィンドウでcharactorを選択してみてください。

 アニメーションを保存するダイアログが表示されますので、「walk_left」と名前を付けて保存します。

アニメーションの保存
アニメーションの保存

コマの追加

 アニメーションはAnimationウィンドウの右側のタイムラインにコマをドロップすることで作成していきます。

 まずは0:00の位置に、Projectウィンドウのspriteのsprite_0をドロップします。

タイムラインにsprite_0を追加
タイムラインにsprite_0を追加

 続いて0:30の位置にsprite_1を、1:00の位置にsprite_2を、1:30にsprite_1を、2:00にsprite_0を順番に配置していきます。

タイムラインにコマを配置していく
タイムラインにコマを配置していく

 Animationウィンドウの左上の三角の再生ボタンを押すことでアニメーションを再生することができます。再生ボタンの左隣りの赤い丸印を押すことでアニメーションの作成を終了します。

 これで左側に歩くアニメーションwalk_leftが完成しました。

別のアニメーションを作成する

 続いて右側に歩くアニメーションを追加します。

 Animationウィンドウの左上の「wakl_left」の文字をクリックして、プルダウンから「Create New Clip」を選択します。walk_rightとして、左側に歩くアニメーション同様に右側に歩くアニメーションを作成しましょう。

 続けて、右側にジャンプするjump_left、jump_rightも作成します。

walk_right
walk_right
jump_left
jump_left
jump_right
jump_right

 左向きに停止(stop_left)、右向きに停止(stop_right)も作成します。こちらは0:00フレームにそれぞれの向きに合わせたコマを配置します。

stop_left
stop_left
stop_right
stop_right

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:速習 Unity 2Dゲーム開発

もっと読む

著者プロフィール

  • 西村 誠(ニシムラ マコト)

     Microsoft MVP Windows Platform Development。  Flash、PHPの開発経験もあり国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリストでもある。  ブログ:眠るシーラカンスと水底のプログラマー  著書:基礎から学ぶ Windows...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5