CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

拡張機能を利用してVisual Studioをより便利にしよう

さらに使いやすく便利になった「Visual Studio」を始めよう! 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/12/26 14:00

目次

独自の拡張機能を作るには

 公開されている拡張機能だけでも十分便利にVisual Studioを使うことができますが、やはりより便利にしたり、ニッチな機能が欲しくなるときはあります。そんなときは、自分で拡張機能を作ってしまいましょう。

 拡張機能を作成するには、まず対象のVisual Studioの「Visual Studio SDK」をインストールします。

 Visual Studio SDKをインストールすると、「新しいプロジェクト」に「機能拡張」が増え、その中の「Visual Studio Package」プロジェクトを使うことで、独自の拡張機能を作成することができます(図31)。

図31 Visual Studio Packageプロジェクト
図31 Visual Studio Packageプロジェクト

 こういった方法で筆者が作成した拡張機能が「GistSharpExtension」です。Visual Studioのエディターで今開いているファイルを、GitHub社が管理しているソースコード共有サイトのGistにアップするだけの拡張機能です。

 このくらいの規模の拡張機能なら案外簡単に作成できますので、皆さんもぜひ挑戦してみてください。ただ、日本語での情報はかなり少ないので、MSDNライブラリやコード レシピのサンプル、GitHubなどに公開された既存の拡張機能のソースコードなどを参考にするとよいでしょう。

コード レシピのサンプル

 VSPackageのサンプルが、コード レシピ上でいくつか公開されています。例えば、以下のページでは、拡張機能で独自の「オプション」ページを作成する方法を紹介しています(サンプルはVisual Studio 2010 SDKが対象ですが、2013でも十分参考になります)。ぜひ、お試しください。
 

 なお、Visual Studio拡張に関するサンプルは、コードレシピのサイトで"VSPackage"をキーワードに「英語の検索結果を含む」にチェックを入れて検索すると、見つけやすいです。また、その後左下の「主要なテクノロジ」欄で「VSX」を選択すると、Visual Studio拡張に関するサンプルが一覧できます。

まとめ

 拡張機能は今やVisual Studioを用いた開発には欠かせないものとなっています。Visual Studio Communityの登場により、個人開発者をはじめとした多くの人が、その恩恵にあずかれるようになりました。多くの拡張機能を試していただき、自分に合ったものを探してみてください。

 また、便利な拡張機能があったら、ぜひブログやSNSなどで紹介してください。日本語での情報が増えることは、日本で開発を行うものにとって、非常にプラスになります。

 拡張機能を使って、より快適なVisual Studio開発ライフを送ってください。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 高野 将(タカノ ショウ)

    <個人紹介> 新潟県長岡市在住の在宅リモートワークプログラマー。家事や育児、仕事の合間に長岡IT開発者勉強会(NDS)、Niigata.NET、TDDBCなどのコミュニティに関わったり、Web記事や書籍などの執筆を行ったりしている。著書に『アプリを作ろう! Visual C#入門 Visual C...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

バックナンバー

連載:さらに使いやすく便利になった「Visual Studio」を始めよう!
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5