SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

最新バージョン「Visual Studio 2017(Visual Studio "15")」特集(PR)

インストール時の速度と容量が劇的に改善! 多目的で気軽に導入しやすい次期バージョン「Visual Studio "15"」

最新バージョン「Visual Studio 2017(Visual Studio "15")」特集 第1回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IDEの起動

 これでインストールできたので、次にIDEを起動してみましょう。インストール終了画面から、Launchボタンをクリックすれば起動します。IDEの初回起動時間も、従来より3割程度早くなったようです。なお、執筆時点では、まだ日本語のメニューは用意されておらず、英語版となります。

startページ

 Preview 4からは、スタートページに項目が追加されています。最近使用したソリューションを示すRecent項目に加えて、OpenやNewといった項目が表示されます。Openは、フォルダを開くダイアログなどの表示、Newでは、ソリューションのテンプレートを検索して、新規作成が可能です。

スタートページ
スタートページ

新規作成

 Newの検索機能を使って新規作成してみましょう。検索項目に、例えばC#と入力すると、C#を使ったソリューションのテンプレート一覧がずらっと表示されます(ただし、先ほど.NET desktop developmentを選択しているので、その他の機能のテンプレートは表示されません)。

C#で検索
C#で検索

 ここでは、Console Applicationを選んでみます。すると、ソリューションの新規作成ダイアログが表示されるので、名前や場所を指定します。

新規作成ダイアログ
新規作成ダイアログ

C# 7.0を利用する

 Preview 4では、特に指定しなくても次期バージョンの「C# 7.0」の機能が使えるようになっています。ただし、タプル(複数の値をまとめる)構文を記述すると、環境によってはエラーとなるようです。

 

タプル構文でのエラー
タプル構文でのエラー

 その場合は、次の手順で不足しているパッケージを手動で導入します。

 [tools]メニューから、[NuGet Package Manager]-[Manage packages for Solution]を選択し、Browseタブを開きます。そしてInclude prereleaseにチェックをいれ、ValueTupleと入力して検索します。System.ValueTupleというパッケージが表示されるので、それを選択し、インストールしておきます。

パッケージの手動インストール
パッケージの手動インストール

サンプルコード

 簡単なコードで動作を確認してみましょう。C# 7.0の新機能である、ローカル関数とタプル構文を使ったサンプルです。

リスト1 Program.csの一部
// 身長と体重から、BMI値と適正体重を計算する
static void Main(string[] args)
{
    // BMI値と適正体重を返すメソッド
    (double bmi, double ideal) BMI(float height, float weight)
    {
        // 身長をメートルに変換する
        height = height / 100;

        // 身長の2乗を求める
        var h2 = Math.Pow(height, 2);

        // BMI値と適正体重を返す
        return (weight / h2, h2 * 22);
    }
    // 170cm 78㎏の例
    var (bmi, ideal) = BMI(170,78);
    Console.WriteLine("BMI:{0:F2}, 適正体重:{1:F2} kg",bmi,ideal);
}

 BMIというローカル関数を使って、体重と身長からBMI値と適正体重を計算します。計算自体は単純なものですが、計算結果の2つの値を、タプルとして返すようにしています。

実行結果
実行結果

次のページ
IDEの機能強化

修正履歴

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最新バージョン「Visual Studio 2017(Visual Studio "15")」特集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

WINGSプロジェクト 高江 賢(タカエ ケン)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLDB/PEAR/Smarty)」「独習シリーズ(ASP.NET/PHP)」「10日でおぼえる入門教室シリーズ(ASP.NET/PHP/Jakarta/JSP&サーブレット/XML)」「Pocket詳解辞典シリーズ(ASP.NET/PHP/Perl&CGI)」「今日からつかえるシリーズ(PHP/JSP&サーブレット/XML/ASP)」「書き込み式 SQLのドリル」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/9678 2017/05/09 22:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング