Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Node.js v7.0.0」が正式リリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/10/31 15:00

 Node.jsプロジェクトは、サーバサイドJavaScript環境Node.jsの最新版である「Node.js v7.0.0」を、10月25日(現地時間)にリリースした。

 「Node.js v7.0.0」は、JavaScriptエンジンに「V8 5.4」を採用し、ES6カバー率98%の達成、および信頼性とパフォーマンスの向上を実現するとともに、WHATWG(Web Hypertext Application Technology Working Group)のURL標準に準拠した試験的なURLパーサを採用している。

 大きな変更点としては、これまで見逃されていたBuffer.byteLengthへの不正な入力に対するエラー出力、「new」なしでのバッファ呼び出しの非推奨、allocUnsafeへの負の値の入力に対するエラー出力、forkおよびexecFileにおける引数チェックの強化、worker.suicideメソッドの非推奨、NODE_MODULE_VERSIONのアップデート、非同期ファイルシステムメソッドへのコールバックに失敗した場合の警告といった変更が行われた。

 なお、Node.jsの長期サポート計画に基づき、奇数バージョンである「Node.js v7.0.0」のサポートは2017年1月までとなり、2017年4月までには次期バージョンとなる「Node.js v8」がリリースされる。

 現時点で「Node.js v4」または「Node.js v6」を利用しているユーザーのうち、安定性を重視する中~大規模のエンタープライズ用途では、引き続き同バージョンの使用を推奨している。


【関連リンク】
Node.js

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5