Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

  • 濱田 康貴(ハマダ ヤスタカ)

    サーバーエンジニアとして主にLinuxのWEBサーバーを設計、構築、運用を行っています。運用ツールの相棒としてシェルスクリプトやワンライナーは心強いパートナーと信じて疑わず、ブログでTIPSを公開しています。2009年5月のUSP友の会活動開始より参画し、現副会長。最近では、USP友の会で「一撃サーバー構築シェルスクリプト勉強会」を開催しているほか、日本で唯一のシェルスクリプト総合誌『シェルスクリプトマガジン』(毎月25日発売)で、隔月(偶数月号)連載「教えて先輩 サーバー運用お助けTips」を執筆しています。

執筆記事

  • ichi-geki.jpg
    2015/06/02

    WordPressとnginx+MySQL+memcached+wp-cliをインストールする一撃シェルスクリプト

     今回の一撃シェルスクリプトは、OSインストール直後のサーバーに対し、CMSの「WordPress」のインストールと起動をオートメーション化するものです。同時に、RDBMS「MySQL」やWebサーバー「nginx」、分散型メモリキャッシュシステムの「memcached」などのミドルウェア、WordPressをコマンドラインで操作可能にするツール「wp-cli」のインストールも行います。サーバーは、CentOS 7.1をminimalでインストールしたものとします。

  • ichi-geki.jpg
    2015/04/15

    Nginx+PerlのCGI環境にMovable Typeをインストールする一撃シェルスクリプト

     今回の一撃シェルスクリプトは、OSインストール直後のサーバーに対し、サーバーの構成管理とCMS(コンテンツ管理システム)の「Movable Type」のセットアップと起動をオートメーション化するものです。サーバーは前回と同様、CentOS 6.6をminimalでインストールしたものとします。CMSは起動したことがWebブラウザで確認できて楽しいので、皆さんもぜひチャレンジしてみてください。

  • ichi-geki.jpg
    2015/02/26

    Apacheホスティング環境(Webサーバー+PHP実行環境)をコマンド一発で構築する一撃シェルスクリプト

     最近では、ChefやPuppet、Ansibleといったサーバーの構築を支援するツールが人気を集めています。たいへん便利で強力なのですが、必ず使えるわけではありません。一方、BashやBourne Shell互換シェル向けに書かれたシェルスクリプトであれば、どのUNIX/Linux環境においてもほぼ使用できます。本連載では、シェルスクリプトでサーバー構築を一発で終わらせる「一撃シェルスクリプト」をサンプルとともに紹介していきます。今回は、ApacheサーバーとPHPをバーチャルホスト上に立ち上...

3件中1~3件を表示
戻る


All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5