Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

著者情報

  • 翔泳社 書籍編集部(ショウエイシャ ショセキヘンシュウブ)

執筆記事

  • 2017/09/26

    プロジェクトをC#で統一できるのはXamarinのおかげ―Xamarinネイティブ入門書の著者に訊く

     翔泳社から発売した『Xamarinネイティブによるモバイルアプリ開発』は、AndroidとiOSのアプリをクロスプラットフォームで開発できるXamarinの入門書です。著者の青柳臣一さんは一つのプロジェクトをC#で統一できるのはXamarinのおかげだと言います。今回、青柳さんにXamarinやC#の魅力を語っていただきました。

  • 2017/02/13

    『ジョイ・インク』の訳者に訊く! 「喜び」と「アジャイル」の深い関係

     米国で最も幸せな職場と言われるメンロー・イノベーションズ社。同社の創業者かつCEOであるリチャード・シェリダン氏の著作、『ジョイ・インク 役職も部署もない全員主役のマネジメント』の日本語訳が2016年12月に刊行された。本書はメンロー社のあり方や仕事の様子をはじめ、経営の柱としている「喜びの追求」について解説している。今回は翻訳者の1人である安井力氏に、日本語版が刊行に至るまでの経緯と、本書の魅力についてインタビューを行った。安井氏は、本書で解説されている「喜び」と、ソフトウェアの「アジャイル...

  • 2016/05/02

    人工知能は人間の敵か味方か。『はじめての人工知能』著者がこれからの人工知能との付き合い方を提案する

     翔泳社では、3月に刊行した『はじめての人工知能 Excelで体験しながら学ぶAI』の刊行記念講演を4月15日に丸善名古屋本店で開催しました。本講演は「人工知能の現在と未来」をテーマとし、話題のニュースをピックアップして解説。著者の淺井登氏は人工知能との付き合い方をどう考えているのでしょうか。

  • 2015/07/24

    フィギュアの制作も3Dモデリング・3Dプリントの時代へ――デジタル原型師スーパーバイザー(藤縄)×人気絵師ニリツ対談

     高精度な3Dプリンターの普及とモデリングソフトの使い勝手の向上により、フィギュアの造形もアナログからデジタルに移行しつつあります。5月18日に翔泳社より刊行した書籍『デジタル原型師養成講座 プロとして通用するフィギュア作成技法』では、フィギュアのモデリングから3Dプリンターでの出力、さらにプロとして必要な知識までを解説しています。本書の発売記念対談として、著者のスーパーバイザー(藤縄)さんと、本書で作成するフィギュアの原画制作者であるイラストレーターのニリツさんに、書籍作りで苦労した面やこれか...

4件中1~4件を表示
戻る


All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5