Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「Javaで学ぶグラフィックス処理」連載一覧

16~18件(全18件)
  • 98_t.jpg
    2005/06/22

    パターン認識の前処理に必要な二値画像の細線化

    細線化とは、二値画像を幅1ピクセルの線画像に変換する処理のことで、画像処理の中では比較的利用頻度の高いものです。特に、文字認識やパターン認識の前処理として多く使われます。

  • 86_t.jpg
    2005/06/01

    テンプレートマッチング法を用いた顔画像の検出

    画像処理の応用の一つに、車や人物といった物体の検出があります。画像の中から、上記のような特定のパターンを探し出すには、「テンプレートマッチング法」が良く用いられます。ここでは、テンプレートマッチングの最も簡単な方法を紹介します。

  • 73_t.jpg
    2005/05/09

    再帰プログラムによるフラクタル図形の描画

    「フラクタル図形」とは、その図形を拡大して行くと、再び最初の図形と同じものが現れる、特殊な図形です。フラクタル画像の描画プログラミングを実装しながら、再帰処理のテクニックを学びます。

16~18件(全18件)
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5