Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

マイクロサービスとしての機械学習――Wantedly Peopleの事例から

開発現場からお届け! Wantedlyのプロダクトを育て、支える技術 第4回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/01/22 14:00

 Wantedlyの開発現場で活用されている技術や手法は、日々進化するプロダクトに合わせて柔軟に変化しています。この連載では実際の開発で取り組んでいる技術や手法を、実務に使える形でお伝えしていきます。今回は名刺管理アプリ「Wantedly People」の事例を踏まえながら、実際のプロダクトに機械学習がどう活用されているのか、また、マイクロサービスとしての機械学習について紹介していきます。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Makoto Tanji(Wantedly, inc.)(タンジ マコト)

     東京大学大学院で人工知能・機械学習について学ぶ。2015年からWantedlyにエンジニアとして入社、2016年からWantedly Peopleのサービス立ち上げに参加、現在は機械学習とグロース施策を担当する。

バックナンバー

連載:開発現場からお届け! Wantedlyのプロダクトを育て、支える技術
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5