Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Salesforceの認定資格最高峰CTAとは?――Dreamforce 2018に先立ち開催された第1回CTAサミット

Salesforceでは誰もが主人公に――Dreamforce 2018レポート

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/12/07 14:00

 9月24日朝、サンフランシスコ・ユニオンスクエアに隣接するウェスティン・セントフランシスで、第1回CTAサミットが開催された。Salesforceには約25種類の認定資格制度があるが、その頂点に立つのが「認定テクニカルアーキテクト(CTA:Certified Technical Architect)」だ。現在、世界で約240名(内13名が日本)しかいないCTAは、Salesforceを隅々まで理解し、システム構築や運用を担うだけでなく、Salesforceの新たな可能性を掘り下げる。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 伊藤 一徳(イトウ カズノリ)

     早稲田大学卒業。日経BP社にてITpro編集、クロスメディア本部企画編成部、日経BP企画に従事。2007年12月、日経BP社長賞受賞。2011年2月に株式会社コミュニケーション・コンパスを設立。同社代表取締役に就任。現在、データ分析に基づいたメディアサイトや企業サイトのコンテンツ制作・運営を支援。...

バックナンバー

連載:Salesforceでは誰もが主人公に――Dreamforce 2018レポート
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5