CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Python用機械学習ライブラリ「PyTorch 1.8」がリリース、科学計算用フロントエンドAPIの追加など変更多数

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/03/09 08:00

 オープンソースのPython用機械学習ライブラリPyTorch開発チームは、最新版となる「PyTorch 1.8」を3月4日(現地時間)にリリースした。

 「PyTorch 1.8」は、3000超のコミットで構成され、コンパイル、コード最適化、科学計算用フロントエンドAPI、AMD ROCmサポートといった機能追加・改善が行われたほか、パイプラインとモデルの並列処理および勾配圧縮の大規模なトレーニングのための機能改善などが行われている。

 具体的には、NumPyのnp.fftモジュールと同等の機能を備え、ハードウェアアクセラレーションと自動グラデーションをサポートしたtorch.fftや、コレスキー分解、行列式、固有値といった一般的な線形代数演算をNumPyスタイルでサポートするtorch.linalg(ベータ版)、FXを使用したPythonコード変換のサポート(ベータ版)が追加されたほか、パイプラインの並列処理(ベータ版)、DDP通信フック(ベータ版)、分散トレーニング用プロトタイプ機能が追加された。

 ほかにも、PyTorch Mobileにおけるチュートリアルセットの拡張や、リソースに制約のあるデバイスでのPyTorchプログラムの実行を可能にするPyTorch Lite Interpreterの追加、正確なパフォーマンス測定ができるBenchmark utilsの追加、自動量子化APIであるFX Graph Mode Quantization(プロトタイプ)の追加、C++の新しいバックエンド用にPyTorchディスパッチャーを拡張する機能(ベータ版)の追加、AMD GPUバイナリへの対応が行われている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5