CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

エンジニアのスキルを可視化するFindyの「発信力レベル」、Qiita・note・ブログと連携開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/08 09:00

 ファインディは、同社が運営するエンジニア採用サービス「Findy」において、エンジニアのスキルを可視化する発信力レベル診断の判定対象に、従来のスライドサービス(SlideShare、Speaker Deck)に加え、テキストメディアであるQiita、note、ブログとの連携を可能にすることを4月7日に発表した。

 「Findy」では、SlideShareやSpeaker Deckといった、ユーザーが使用しているスライドサービスだけでなく、Qiita、note、ブログといったテキストメディアと連携することで、閲覧数、いいね数などのデータを取得し、独自のアルゴリズムでスコア化して対外発信力をレベル1~10で判定する。

 これまで対象がスライドサービスに限定されていたため、対象者がカンファレンスやイベントなどで登壇する人に限られ、「発信力が測れない」「思うように伸びない」といった声があがった。そこで今回、多くのエンジニアが対象となるように、テキストメディアが連携対象に追加された。

 そのほか、「Findy」上の他のユーザーから算出した分布と自身のポジションなどを確認できる。算出された発信力レベルに応じてイラスト内の聴衆の数が変わり、表現される時代も「原始時代」から「近代」へと10段階で変化していく。

 今後も「Findy」は、エンジニアに役立つ「可視化機能」の開発やアルゴリズムのアップデートを行っていく予定。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5