CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

個人開発で始まった情報共有サービス「Zenn」はいかにして作られたのか?【デブサミ2021】

【19-D-4】Zenn 個人開発の限界に挑んだ話

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/04/28 11:00

 オープンな技術が主流になり、ネットを通じて技術情報を共有することが、エンジニアにとって重要かつ不可欠になっている。そこで注目を集めているのが、技術情報共有コミュニティサービス「Zenn」だ。2020年9月にリリースされて以来、瞬く間に人気を集めた。GitHubでコンテンツを管理できるだけでなく、投稿者が対価を得られる仕組みなどの特徴を持っており、IT系エンジニアに特化した今どきのサービスとして、連日多くの情報が投稿されている。このサービスを個人で開発したcatnose氏が、デブサミ2021に登壇した。UIデザイナーをしつつ、フロントエンドを中心としたITエンジニアとして活動しているcatnose氏が、サービスの特徴や開発のコンセプト、システム構成などについて説明した。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 可知 豊(カチ ユタカ)

    フリーランスのテクニカルライター 興味の対象はオープンソースの日常利用、ライセンス、プログラミング学習など。 著書「知る、読む、使う! オープンソースライセンス」。 https://www.catch.jp

バックナンバー

連載:【デブサミ2021】セッションレポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5