CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows 11にてWindows Subsystem for Linuxでの機械学習のGPUアクセラレーションが可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/08 09:00

 米Microsoftは、Windows 11のリリースによって、Windows Subsystem for Linux(WSL)内でGPUアクセラレーションされた機械学習トレーニングを幅広く利用できるようになったことを、10月5日(現地時間)付の公式ブログ投稿にて紹介している。

 現在、WSLではNVIDIA CUDAでのGPUアクセラレーションが可能になっているほか、DirectXファミリのハードウェアに依存しない機械学習ライブラリであるDirectMLは、DirectX 12対応GPUによる機械学習トレーニングおよび推論のアクセラレーションを利用できる。

 さらに、AMD、Intel、NVIDIAとのコラボレーションによって、「TensorFlow-DirectML」パッケージが一般提供され、既存のTensorFlowモデルトレーニングスクリプトにて機能している。

 WSLにおけるGPU利用が可能なのは、Windows 11とWindows 10 バージョン21H2で、Windows 10 21H2は現在Windows Insiders Programを通じて提供されており、2021年後半には提供が開始される。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5