CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows 11のMicrosoft Storeから、WSLがインストールできるように

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/14 09:00

 米Microsoftは、Windows Subsystem for Linux(WSL)プレビューの提供を、10月11日(現地時間)にWindows 11のMicrosoft Storeにて開始した。

 Windows 11のMicrosoft StoreからWSLをインストールすることで、Windowsのバージョンを変更することなく、WSLにおける最新の更新と機能を、より迅速に入手できるようになる。

 従来、WSLはWindows内のオプションコンポーネントとしてインストールされていたが、今回のMicrosoft StoreにおけるWSLの提供開始によって、WSLのロジックを構成するバイナリが、WindowsイメージからMicrosoft Store経由でインストールするアプリケーションに変わり、WSLがWindowsのバージョンから切り離されて、Microsoft Storeからの更新が可能になった。

 そのため、WSLを更新するために、Windows全体を更新したり、再起動する必要がなくなる。

 なお、Microsoft Storeで提供されるWSLは最新バージョンであり、VHDファイルのマウントを容易にする新機能や、WSLでディスクをマウントする際のマウントポイント名のサポートが追加されているほか、Linuxカーネルが5.10.60.1に更新されており、WSLがまだ実行中であることをユーザーに示すメッセージを表示するためのプログレスインジケータヘルパー関数や、バージョン情報を表示するコマンドなどが追加されている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5