CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Kong、「Kong Ingress Controller 2.0」の一般提供を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/10/27 08:00

 米Kongは、Kong API Gatewayで動作するKubernetes Ingressコントローラである、Kong Ingress Controllerの最新版となる、「Kong Ingress Controller 2.0」の一般提供を10月21日(現地時間)に開始した。

 「Kong Ingress Controller 2.0」では、UDPIngressがサポートされるようになり、Kong Ingress Controller for UDP内での可観測性、セキュリティ、トラフィック管理のためのAPI管理機能が使用できるようになっている。

 また、Kong Ingress ControllerメトリックのネイティブPrometheus統合が新たに提供されるようになり、Kong Ingress Controllerが構成を適用して応答するのにかかる時間を、より簡単に観測することが可能になった。

 さらに、監視するKubernetes名前空間のセットを指定する機能が追加され、複数のKubernetes名前空間の監視をカンマ区切りのリストで指定できるようになり、複数のKubernetes名前空間にまたがるチームが、すべての名前空間に単一のコントローラを配置する代わりに、名前空間に関連付けられた個々のIngressコントローラの管理が可能になっている。

 なお、「Kong Ingress Controller 2.0」にはバージョン1.3と同じAPIが付属し、Kubebuilder上に実装する以外に既存のインターフェースは大きく変更されていない。また、Kubernetes Gateway APIをユーザに提供したり、サービスメッシュをKong Ingress Controller内の“ファーストクラス”として扱うことなどを、優先的に実行できるようになっている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5