CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft、JavaScriptへの型構文の導入を提案

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/03/12 12:00

 米Microsoftは、JavaScriptへのオプションの消去可能な型構文の導入を、ステージ0で3月9日(現地時間)に提案した。

 今回、同社が提案した型構文は、他のコードの実行方法を変更することなく、JavaScriptエンジンからはコメントとして完全に無視される。

 一方で、TypeScriptやFlowといったツールでは型として機能するため、開発者はTypeScriptをサポートするエディタで型チェックのフィードバックをただちに受け取り、コマンドラインでTypeScriptを実行して、CIタスクの一部としてTypeScriptを追加できるようになる。

 コメントとしての型構文を実現するには、JavaScriptに最低でも変数と関数の型注釈、パラメータとクラスメンバーのオプション修飾子(?)、型宣言(interfacesとtypeエイリアス)、型アサーション演算子(asと!)などの構文を追加する必要がある。

 今回の提案は、すべてのWebブラウザとJavaScriptランタイムにTypeScriptの型チェック搭載を求めるものでも、Webブラウザに新たに型チェッカの搭載を求めるものでもない。TypeScriptと互換性があり、任意の型チェッカで使用可能な一方で、JavaScriptエンジンではスキップされる構文であり、Microsoftでは同機能がTypeScriptやFlowの継続的な革新に役立つものであるとしている。

 3月に開催されるTC39の本会議において、同社は型構文をステージ1として提案するという。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5