CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft、macOS用C++アプリケーションのリモート開発に対応したVisual Studioの最新プレビュー版を公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/03/24 09:00

 米Microsoftは、CMakeでLinuxツールを使用して、macOS用のクロスプラットフォームC++アプリケーションの開発が可能になった、統合開発環境「Visual Studio 2022」の最新プレビュー版を、3月16日(現地時間)に公開した。

 今回、公開された最新プレビュー版では、CMakeでmacOSをターゲットにできるようになり、Linuxのようなリモートターゲットと同様の手順で、macOS用アプリケーションの開発が可能になっている。

 macOS用アプリケーションの開発にあたっては、C++によるLinuxおよび組み込み開発ワークロードを選択する。

 Mac側では、追加でコマンドラインで使用するコンパイラツール、cmake、ninja-build、lldb-miのインストール、およびリモート接続の許可が別途必要になる。

 現時点では、デバッガはx64 Macのみ完全にサポートされており、x64用にクロスコンパイルされたアプリケーションのみデバッグできる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5