CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS、Amazon Auroraのオンデマンドオートスケーリングを可能にするAmazon Aurora Serverless v2を一般提供

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/04/27 10:00

 米Amazon Web Servicesは、Amazon Auroraのオンデマンドオートスケーリング設定の最新版である、Amazon Aurora Serverless v2の一般提供を4月21日(現地時間)に開始した。

 Amazon Aurora Serverless v2によって、データベースの毎秒数十万トランザクションへの拡張が可能になり、もっとも要求の厳しいワークロードをコスト効率よく管理できるようになるとともに、接続やトランザクションを中断することなく、ワークロードのニーズに合わせてデータベース容量をきめ細かくスケーリングすることが可能になっている。また、料金は消費した容量にのみ発生するため、ピーク負荷のプロビジョニングと比較して最大90%節約できる。

 既存のAmazon Auroraクラスタがある場合は、同一クラスタ内にAmazon Aurora Serverless v2インスタンスの作成が可能で、プロビジョニングされたインスタンスとAmazon Aurora Serverless v2インスタンスが同じクラスタ内に共存する、混合構成クラスタも作成できるようになった。

 Amazon Aurora Serverless v2は、米国東部(オハイオ、バージニア北部)、米国西部(北カリフォルニア、オレゴン)、アジアパシフィック(香港、ムンバイ、ソウル、シンガポール、シドニー、東京)、カナダ(中部)、ヨーロッパ(フランクフルト、アイルランド、ロンドン、パリ、ストックホルム)、南米(サンパウロ)のAWSリージョンにて利用可能となっている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5