CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グレープシティ、.NET/Xamarin/Blazor用コンポーネントスイート「ComponentOne 2022J v1」をリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/04/28 15:00

 グレープシティは、業務アプリケーション開発に役立つ.NET/Xamarin/Blazor用コンポーネントを多数収録したスイート製品「ComponentOne 2022J v1」を、4月27日にリリースした。1年定額制のサブスクリプション方式で、最上位エディションである「ComponentOne Enterprise」の初期費用(イニシャル)は1ユーザーライセンスあたり税込165000円、更新費用(リニューアル)は税込82500円。

 ComponentOneは、データグリッド、チャート、入力、ナビゲーションといった業務アプリケーションに必要とされる機能を包括的に収録し、Windows Forms、WPF、ASP.NET、ASP.NET Core、Xamarin、Blazor、WinUIに対応しており、デスクトップからWeb、モバイルアプリまで、1つの製品で開発できる。

 「ComponentOne 2022J v1」では、データグリッドコントロール「FlexGrid」にプロパティを設定することで有効になる列ピッカーを追加した(「Blazor」エディションのみ)。

「列ピッカー」の使用イメージ
「列ピッカー」の使用イメージ

 また、FlexGridのフィルター行に、列やデータセット全体に条件付きフィルターを適用するためのUI「データフィルター」を、新たに搭載している。

「データフィルター」の使用イメージ
「データフィルター」の使用イメージ

 さらに、Blazor対応の新コントロールとして、折りたたみ可能なUIパネルを作成できる「アコーディオン」、値の範囲(上限値および下限値)を視覚化し、システム利用者の操作による値の範囲の変更を可能にする「範囲スライダー」を追加した。

「アコーディオン」の使用イメージ
「アコーディオン」の使用イメージ
「範囲スライダー」の使用イメージ
「範囲スライダー」の使用イメージ

 なお、Windows Forms用エディションではDashboardLayout、FlexPivotSlicer、Gauges、SpellCheckerが、WPF用エディションではBarCode、FlexReport、FlexViewer、Sparklinesが、.NET 6に対応している。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5