SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

業務利用する生成AIは「言語生成」が最多、ランサーズが「生成AI活用の実態調査」を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フリーランスマッチングプラットフォーム「Lancers」を運営するランサーズは、同社に登録するフリーランス778名を対象に実施した「生成AI活用の実態調査」の結果を11月29日に公開した。また、受発注や生成AI活用のガイドとして特集ページを公開した。

 本調査は、9月4日〜11日の期間にアンケート調査が実施され、同社に受注者として登録している個人778名から有効回答を得ている。

 ご自身の業務における生成AIの使用状況は、「業務で使用している」が約4割、約3割が「使用していないが、使用を検討している」と回答した。既に使用している人・使用を検討している人を合わせると半数以上が活用に前向きであることがうかがえる。

 業務における生成AIの使用状況を年代別でみると、各年代で約25%〜35%の使用率となった。年代別での使用率に大差はないものの、ビジネス現場において前線にいる30代〜50代の使用率がやや高い結果となった。

 業務において生成AIを使用している人が、最も使用している生成AIの種類は「言語生成」(88.2%)であり、次いで「画像生成」(7.7%)であった。既に業務内で使用している人の約9割がChatGPTをはじめとする言語生成ツールを使用していることがわかった。

 業務において生成AIの使用を検討していると回答した人に、検討している生成AIの種類を聞くと、「言語生成」が最も多く70.3%、次いで「画像生成」18.2%、「コード生成」4.8%となった。

 生成AIを使用している業務のカテゴリー上位3つは、「ライティング・翻訳」が最も多く58.5%、次いで「プログラミング・システム開発」が25.8%、「ビジネス・コーポレート」が20.9%であった。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/18749 2023/12/04 10:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング