Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

3rdRail 2.0のプロファイリング機能を試す

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/02/12 11:30

目次

プロファイリングを実行する

 R Optimizerパースぺくティブで、プロファイリングを実行します。

ステップ1

 CPUプロファイリングを開始します。R Optimizer上の「<接続済み…監視中> R Optimizer - CPUプロファイラー」を選択し、マウスの右ボタンをクリックして現れたポップアップメニューから[CPUプロファイリング | CPU記録の開始]を選択します。

CPU記録の開始
CPU記録の開始
ステップ2

 画面の右下に表示されているアプリケーションの実行画面上の[Show]リンク部分をクリックし、画面が切り替わったら[Back]リンク部分をクリックして初期画面に戻ります(何度か繰り返しても、他の操作をしてもかまいません)。

ステップ3

 初期画面に戻ったら、CPUの画面上のアイコンをクリックしてCPU記録を終了します。

CPU記録の終了
CPU記録の終了
ステップ4

 CPU記録を終了すると画面上にプロファイラーの実行結果が表示されます。

プロファイラーの実行結果
プロファイラーの実行結果
ステップ5

 [最もビジーなスレッドの選択]ボタンを押すと、ビジー率が1番高いスレッドが選択されます。

ステップ6

 選択されたスレッド上でマウスをダブルクリックすると、実行フローとホットスポットが表示されます。

ステップ7

 今回は操作待ちの時間も含まれているため、該当箇所と考えられるアイドル時間が1番短いスレッドを選択し、ダブルクリックします(実行時の操作により、該当のスレッドが異なりますので注意してください)。

ステップ8

 ホットスポットの[合計時間]の部分をマウスでクリックすると、合計時間の順に並び替えられます。

ステップ9

 時間の大きい順に並び替えると、上位にModelBlogsController#indexが表示されていると思います。

ステップ10

 このホットスポットの部分をマウスでダブルクリックすると、該当するソースコード部分が表示され、問題箇所が検出されます。

ホットスポット部分の表示
ホットスポット部分の表示

おわりに

 3rdRailsのプロファイリング手順を簡単に説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

 CPUプロファイラーの画面は、どこを変更すればパフォーマンスが向上するかの判断となります。また、ボトルネックとなっている箇所もソースコードがすぐに表示され、その場で修正し、実行することでボトルネックが解消されたかどうかも即時に確かめることができます。

関連情報

 R Optimizerを含む3rdRail 2.0の新機能は、2009年2月17日にAP浜松町(東京・大門)で開催される「第12回エンバカデロ・デベロッパーキャンプ」でも紹介する予定です。

 詳細は、http://dn.codegear.com/jp/article/39155をご覧ください。



  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • EDN編集部(イーディーエヌ編集部)

    エンバカデロ・デベロッパーネットワーク(EDN)は、ソフトウェア開発者とデータベース技術者のための技術情報サイトです。Delphi、C++Builderをはじめとする開発ツールやER/Studioなどのデータベースツールに関連する技術記事、ビデオなどを提供しています。EDN編集部は、EDN記事と連携...

バックナンバー

連載:CDN CodeZine出張所
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5