Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Struts 2入門(5)~Viewレイヤーの仕組み~

作りながら学ぶJavaアプリケーションフレームワーク (5)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/03/04 14:00

 Struts 2入門 第5回の本稿は、MVCモデルで言うところの「V」iewレイヤーについて説明します。Viewレイヤーとは、アプリケーションの処理結果を表示するレイヤーにあたります。

目次

はじめに

 「Apache Struts」(以下、Struts)とは、サーバサイドJava開発のデファクトスタンダードとしてあまりにも有名な、オープンソースのWebアプリケーション・フレームワークです。本連載では、そのStrutsの次世代バージョンであるStruts 2を、実際に動作するアプリケーションと共に解説していきます。

 第5回目の本稿は、MVCモデルで言うところの「V」iewレイヤーについて説明することにします。Viewレイヤーとは、アプリケーションの処理結果を表示するレイヤーにあたります。

対象読者

 サーバサイドJava(JSP&サーブレット)について基本的なことは理解している方を対象とします。

Result処理

 Struts 2のViewは、URIリクエストから実行されたActionクラスの処理結果や状態を出力するレイヤーです。デフォルトでは、JSPファイルをテンプレートとして、HTMLが生成されます。またHTMLだけでなく、プレーンなテキストであったり、画像データなどのバイナリデータを指定することもできます。

 今までの連載記事のなかでも、Actionの処理結果に応じた出力の指定について、たびたび言及していましたが、ここで整理してみることにします。

リクエストからレスポンスまでの処理フロー
リクエストからレスポンスまでの処理フロー

Result Type

 ちょっとこれまでのサンプルコードをふりかえってみましょう。URIリクエストから実行されるActionクラスのメソッドでは、処理結果を"success"などの文字列で返すようにしていました。この結果の文字列を受けて、どのような処理をさせるかは、struts.xml の<result>タグで設定しています。例えば次のように指定すると、結果が"success"のときにindex.jspを用いた出力となります。

<result name="success">/index.jsp</result>

 実はこれは既定値を利用した書き方で、タグを省略しないで書くと、次のようになります。

<result name="success" type="dispatcher">
    <param name="location">/index.jsp</param>
</result>

 type属性で処理のタイプを指定し、<param>タグでその処理のパラメータを指定します。このtype属性で指定している"dispatcher"の実体は、struts-default.xmlにて設定されているorg.apache.struts2.dispatcher.ServletDispatcherResultクラスです。JSPファイルを解釈して、 HTMLを生成する処理を行います。

 <result>タグのtype属性(Result Type)を変更することで、処理を切り替えることができます。Struts 2で用意されているResult Typeは次の表の通りです。これは、本連載の第3回目でも少しふれていますが、さらに詳しく見ていくことにしましょう。

Result Type一覧
Result Type 概要 種別
chain 別のActionクラスを呼び出す 遷移
redirect 指定したURLにリダイレクトする
redirectAction 指定したActionにリダイレクトする
dispatcher JSPファイルをテンプレートとしてHTML を生成する(デフォルト データ生成
freemarker 汎用テンプレートエンジンのFreeMarkerを使用してHTMLを生成する
velocity 汎用テンプレートエンジンのVelocityを使用してHTMLを生成する
xslt XSLTを使用してHTML(XML)を生成する
httpheader HTTPのステータスヘッダだけを生成する
stream バイナリデータをそのままクライアントに返す。ファイルのダウンロード等に利用する
plainText プレーンテキストとして、そのままクライアントに返す
tiles Tilesフレームワークを利用してHTMLを生成する
jasper オープンソースの帳票ライブラリJasperReport利用したレスポンスを生成する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト 高江 賢(タカエ ケン)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:作りながら学ぶJavaアプリケーションフレームワーク

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5