CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

CDI、非同期処理、JAX-RS、OSGi――各ベンダー製品が出そろってきた今こそJava EE6の仕様をおさらいしよう

日本アイ・ビー・エム株式会社 田中孝清氏

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/06/20 12:00

目次

Java EE 6やOSGiをはじめとした新APIを提供する「WAS V8」

――ところで、Javaの開発者が頭を悩ませる問題の1つに、モジュールやライブラリのバージョン問題があります。例えば、アプリケーションサーバーで利用するライブラリとアプリケーションが使うライブラリのバージョンがぶつかってしまうような問題がよく起こると聞きます。

 田中氏 そうした問題を解決するポテンシャルを秘めているのが、「OSGi」という技術です。OSGiは「OSGi Alliance」という非営利団体が策定する、Javaモジュールの管理技術ですが、Java開発者にとってこの技術を採用する最大のメリットは、アプリケーション全体の停止やバージョンアップを行うことなく、モジュールを動的に追加できる点にあります。Java VMとモジュール(バンドル)との間に「OSGiフレームワーク」という層を設けることにより、これを可能にしています。

図5:OSGiによってモジュールの動的な差し替えなどが可能に
図5:OSGiによってモジュールの動的な差し替えなどが可能に

――実際にOSGiが製品に採用されている例はあるのでしょうか?

 田中氏 Java開発者の皆さんが普段使われているEclipseのプラグイン機能も、バージョン3以降ではOSGiの仕組みが使われています。また、IBMが提供するエンタープライズシステム向けアプリケーションサーバー製品「WebSphere Application Server」(以下、WAS)にも、OSGiの技術が実装されています。

 もともとWAS自身のアップデートの仕組みはOSGiの仕組みに基づいていたのですが、2011年6月から提供開始される最新バージョンの「WAS V8」からは、その上で動作するアプリケーションでもOSGiが使えるようになりました。

――WAS V8では、先ほど説明していただいたJava EE 6の新機能も利用できるのでしょうか?

 田中氏 WAS V8はJava EE 6に対応していますから、先ほど挙げたようなJava EE 6のさまざまな機能はすべて使うことができます。また先ほど述べたように、OSGiもサポートしています。さらにはこれら以外にも、Java開発者にとっては魅力的なAPIが数多く追加されています。

 例えば、オンライン処理だけではなくバッチ処理もJavaで記述・実行できる「Javaバッチ」やSOAで使用されるコンポーネント技術「サービスコンポーネント・アーキテクチャ(SCA)プログラミングモデル」、XMLデータの処理コードを容易に実装できる「XMLプログラミングモデル」などがそれです。

関連情報
IMPACT 2011

今回のインタビューに対応いただいた田中氏は、2011年7月14日(木)に東京都内で開催されるWebSphereブランドの年次カンファレンス「IMPACT 2011」でも、「WebSphere Application Server V8.0変わるところ・変わらないところ」と題した講演を予定しています。詳しくは公式サイトをご覧下さい。

WebSphere Application Server V8.0 アナウンスメント・ワークショップ
また、8月4日(木)と5日(金)の2日間、WAS V8.0の新機能を紹介する技術者向けワークショップの開催を予定しています。1日目は、新機能の概要とWASインフラ構成を、2日目は、Java EE 6仕様の更新部分や、WAS V8.0のアプリケーション関連の新機能など、アプリケーション開発に関する内容を紹介する予定です。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

    早稲田大学政治経済学部卒業後、メーカー系システムインテグレーターにてソフトウェア開発に従事。その後、外資系ソフトウェアベンダーでコンサルタント、IT系Webメディアで編集者を務めた後、現在はフリーライターとして活動中。

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5