Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

たった3KBのコードで3DCGモデルが歌って踊ってアングルも操作できる! jQueryベースのライブラリでMMDデータを活用したWebGLコンテンツを作ろう

jQueryの記法でWebGLを操作できるライブラリ「jThree」の活用 第1回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、jQuery+three.jsを実現したWebGLライブラリ「jThree(ジェイスリー)」について、MMDプラグインを利用したコンテンツのコーディング例を紹介します。連載初回となる今回は、導入編として、jThreeが提供する機能の概要を説明するとともにコーディング手順を紹介します。さらにCanvasを自動生成し、マウスで動かせる立方体を描画してみて、シンプルな記述だけでコンテンツが作れることを感じていただきます。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:jQueryの記法でWebGLを操作できるライブラリ「jThree」の活用
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5