SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

ComponentZine(ComponentOne)(PR)

ComponentOne Studio for ASP.NET Web Formsで使えるコンポーネント(入力補助/チャート編)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 業務アプリケーション開発に適したクロスプラットフォーム対応のUIライブラリ「ComponentOne Studio」について、具体的なサンプルを交えながら、その特長を紹介していきます。今回は、Webアプリケーション向けコンポーネントの概要と、入力およびチャート関連コンポーネントについて解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 ComponentOne Studioは、グレープシティ株式会社が提供するVisual Studio用コンポーネントセットで、Windowsデスクトップアプリケーション、Webアプリケーション、Windowsストアアプリ開発用のさまざまなUIコンポーネントを提供しています。

 開発者はこれらのコンポーネントを利用し、Windowsフォーム、WPF、WinRT、ASP.NET、Silverlightといった.NET Frameworkでのクロスプラットフォーム開発をより素早く、簡単に行うことができるようになります。

 本連載では、2015年5月21日にバージョンアップした2015J v1から、ComponentOne Studio for ASP.NET Web Formsで提供されるコンポーネントについて、サンプルを交えつつ紹介します。

対象読者

  • Visual Studio 2010/2012/2013で、Visual BasicやC#を使った開発経験のある方

必要な環境

 Visual Studio 2010/2012/2013を使用して、ASP.NETによるWebアプリケーション開発を行うことができる環境。

 本連載で紹介するサンプルは、以下の環境で開発と動作確認を行っています。

  • OS:Windows 8.1 Pro
  • 開発ツール:Visual Studio Community 2013 Update 4

ComponentOne Studio for ASP.NET Web Formsの特徴

 ComponentOne Studio for ASP.NET Web Formsは、ComponentOne Studioで提供される機能の中で、Webアプリケーションの開発用に限定されたエディションであり、以下の特徴を持っています。

最新のWeb技術に対応

 Ajax、jQuery、HTML5/CSS3、SVGなどの最新のWeb技術に対応しており、これらの技術を使ったWebアプリケーション開発を支援するための機能が提供されています。

ASP.NETに対応したコンポーネント

 Web技術に対応したASP.NETのコンポーネントとして幅広いカテゴリの機能が提供されています。また、組み込まれたjQueryで、ソートによる並べ替えなど、クライアント側での機能を実行することで、サーバへのポストバックを最小限に抑えるようなWebアプリケーションを簡単に構築できるようになっています。

クロスブラウザに対応

 標準のWeb技術を利用しているため、Internet Explorerなどの特定のブラウザだけでなく、例えばGoogle ChromeやFirefox、Safari、Opera、スマートフォンのブラウザに対応させることも可能となっています。

インストールと設定

 ComponentOne Studioは、グレープシティ株式会社のトライアル版ダウンロードサイトからトライアル版を申し込むことができます。

 ComponentOne Studioをインストールした後は、Visual Studioから関連コントロールを利用可能にするための設定を行います。Visual Studioのメニューから「ツール」-「ツールボックス アイテムの選択」を選択して開かれるダイアログの「.NET Frameworkコンポーネント」タブからComponentOneのコンポーネントを選択し、プロジェクトのツールボックスに取り込みます。フィルタに「C1」と指定すると検索しやすくなります。

ツールボックスアイテムの選択
ツールボックスアイテムの選択

次のページ
ComponentOne Studio for ASP.NET Web Formsが提供するコンポーネント

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ComponentZine(ComponentOne)連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLDB/PEAR/Smarty)」「独習シリーズ(ASP.NET/PHP)」「10日でおぼえる入門教室シリーズ(ASP.NET/PHP/Jakarta/JSP&サーブレット/XML)」「Pocket詳解辞典シリーズ(ASP.NET/PHP/Perl&CGI)」「今日からつかえるシリーズ(PHP/JSP&サーブレット/XML/ASP)」「書き込み式 SQLのドリル」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

WINGSプロジェクト 花田 善仁(ハナダ ヨシヒト)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/8806 2021/03/29 14:29

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング