Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

JenkinsとAnsibleによるサーバー構築の自動化

DMM.comの事例から学ぶリリースフロー自動化ガイド 第3回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回はDMM.comラボの取り組みとして、Jenkinsの導入からHipChat連携を行う部分までを紹介しました。今回は自動化の取り組みについて、AnsibleとJenkinsの部分を見ていきたいと思います。

目次

今回使用する環境

 まずは今回使用する環境の概要です。JenkinsのインストールされているJenkinsサーバー(CIサーバー)上でJenkinsからAnsibleを実行し、各アプリケーションサーバー、DBサーバーの構築を行います。

Ansibleの導入

 Ansibleはプロビジョニングツールの一つで、あらかじめ用意した設定ファイルに基づき、サーバーの設定やサーバーの起動停止などを行えます。同様のツールとしてChefやPuppetがありますが、本稿ではAnsibleと各ツールとの違いについては触れません。

Ansibleのインストール

 まずはJenkinsのサーバーAnsibleをインストールする所から始めましょう。Ansibleは下記コマンドでインストールできます。

sudo yum install ansible

補足

 Ansibleのパッケージはepelで提供されています。上記のコマンドでインストールに失敗する場合は、次のコマンドでepelパッケージを有効化してください。

yum install http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

 正常にインストールされた場合、下記のコマンドでバージョンを確認できます。

ansible --version

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 田中 裕一(株式会社DMM.comラボ)(タナカ ユウイチ)

    DMM.comラボにおいて、検索システムの刷新、レコメンドエンジンの新規開発など、DMM.comの重要な機能を担うエンジニアとして従事。AeroSpikeを社内で採用し、日本人初のコントリビューターとしても活躍。 サーバーサイド、フロントエンド、ミドルウェア、インフラと幅広く担当するDMM.com...

バックナンバー

連載:DMM.comの事例から学ぶリリースフロー自動化ガイド
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5