Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

UNIX/Linuxに関する記事とニュース

50件中41~50件を表示
  • 2007/12/12

    pthreadについて(同期)

    pthreadはPOSIX仕様に基づくOSにおける非同期処理の仕組みです。他の非同期処理と比較すると新しい仕組みですが、その奥は深くさまざまな機能を持っています。本稿ではpthreadの同期方法を解説します。

  • 2007/12/04

    pthreadについて(概要・生成)

    pthreadはPOSIX仕様に基づく非同期処理の仕組みです。他の非同期処理と比較すると新しい仕組みですが、その奥は深くさまざまな機能を持っています。本稿ではpthreadの概要、プロセスとスレッドの違い、生成方法を解説します。

  • 2007/10/15

    signalについて(後篇)

    シグナルを利用するにあたっては注意すべきポイントがあります。また、シグナルハンドラを使用せずに最適化するやり方や、別の非同期処理であるスレッドとの共有方法等、実装をさらに改良していく方法を紹介します。

  • 2007/10/10

    signalについて(中篇)

    前篇に引き続きシグナルについて解説します。今回は実際にシグナルを使った実装を紹介し、さまざまな場面に応じた使用法と注意点を説明します。また、シグナルを元に、Linux/Unixシステムコールプログラミングにおける特徴や注意点にも述べていきます。

  • 2007/10/04

    signalについて(前篇)

    シグナルはUNIXなどのOSにおける非同期イベントを通知する仕組みです。古くからある仕組みですが、その奥は深くさまざまな機能を持っています。本稿ではシグナルの概要と一般的な処理方法を解説します。

  • 2007/09/19

    Linux版・PostgreSQLインストール手順

    本稿ではrpmを使用したLinux環境におけるPostgreSQLのダウンロード・インストール手順を説明します。

  • 2006/05/23

    シェルスクリプトの基本テクニックを盗め!

    本稿では、実際に活用されているシェルスクリプトを取り上げ、シェルスクリプトを作成する際のいくつかのテクニックを紹介します。どれも基本的で応用範囲の広いテクニックなので、多くの読者に参考にしていただければと思います。

  • 2005/08/30

    TCPWrapperに対応したサービスの「POP Before」化を実現する

    自分が使いたいから作ったものなのですが、外出先で適当に自宅サーバにログインしたくなったときに思いつきで作ったええ加減なLinux用シェルスクリプトです。TCPWrapperに対応する全てのソフトをPOPbefore化してしまいます。

  • 2005/04/22

    シェルスクリプトを共有してマージするshsubrmerge

    UNIXに用意されているコマンドを組み合わせることで、必要とする機能を短時間で効率よく実現することができるのが、シェルスクリプトです。本稿では、シェルスクリプトでコードの重複を抑えつつも、ファイル単体で使用する利便性を損ねないための方法を紹介します。

  • 67_t.jpg
    2005/04/22

    コマンドの出力をtop風に表示させるtopless

    この記事ではUNIXサーバ管理という側面からのシェルスクリプトプログラミングを取り上げます。コマンドの結果がtopのように出力されるツールを作ります。

50件中41~50件を表示
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5