CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

モデル駆動開発におけるモデル変換の役割

トップエスイーからのアウトカム ~ ソフトウェア工学の現場から 第8回

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社会人エンジニア向けの教育プログラム「トップエスイー」から、エンジニアの皆さんに対して有用な情報をお届けするコーナーです。「モデル駆動開発(MDD:Model-Driven Development)」(注:MDDはOMGの商標になっています)は、分析・設計・実装・テストといった開発の成果をモデルとして作成し、モデル変換を繰り返し適用することによってプロセスを進める開発手法です。このとき使われるモデル変換は、モデルに付加情報を加えて異なる視点のモデルやコードを得る技法です。皆さんの中には、このような方法で果たして実用的なコードが得られるものなのか疑問に思う方もいるでしょう。この記事では、まずモデル駆動開発を試す方法を紹介します。その後で、モデル駆動開発の中心的技術であるモデル変換について解説します。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:トップエスイーからのアウトカム ~ ソフトウェア工学の現場から

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5