CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Apple、Safari 15.4で使用される最新WebKitの機能を紹介

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/03/17 09:00

 米Appleは、macOS Monterey 12.3、iOS 15.4、iPadOS 15.4とともにリリースされた、Safari 15.4で使用されているレンダリングエンジンWebKitの新機能について、3月14日(現地時間)付の公式ブログ投稿にて紹介している。

 最新のWebKitでは、<img>要素のloading属性で画像の遅延読み込みがサポートされ、ユーザーが画像の近くをスクロールするまで特定の画像の読み込みを延期するようにブラウザに指示できるようになったほか、<dialog>要素と::backdrop疑似要素のサポートが追加された。また、グローバルなautofocus属性もサポートされている。

 CSSでは、:has()疑似クラスとカスケードレイヤが新たにサポートされるとともに、サイズ、レイアウト、スタイル、ペイントの4タイプすべてにおけるCSS封じ込めのサポートも追加された。さらに、新たなビューポート単位の追加、ブラウザがフォーカスインジケータをレンダリングするときにのみフォーカスインジケータのスタイルを設定するための:focus-visible疑似クラスのサポート、フォームコントロールUIにおける特定の部分の色変更のサポート、アルファ透過色間の補間に関するバグの修正などが行われている。

 ほかにも、タイポグラフィ機能の強化、プレフィックスの廃止、Web APIにおけるさまざまなアップグレード、JavaScript関連の新機能追加および更新、国際化機能のサポート拡大、Webアプリマニフェストの改善、WebRTCのPerfect Negotiationのサポート、プライベートクリック測定への機能追加、コンテンツセキュリティポリシーレベル3のサポート改善、WKWebViewのサポート拡大、Web拡張機能の追加サポート、スタイルパネルでCSSを操作するための新たなツールの追加など、数多くの機能追加・改善が行われた。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5