SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Developers Summit 2022 レポート(PR)

開発プロセスでセキュリティと品質の課題を解決しよう――DevSecOps導入のためのポイント【デブサミ2022】

【17-C-8】DevSecOps始めてますか?品質やセキュリティでお困りごとないですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DevSecOpsを実現するための新たな仕組み:ASOC

 マイクロサービスなどコンテナ化されたシステムについてはどうだろうか。

 NIST SP800-190の「アプリケーションコンテナに関するセキュリティガイド」には、コンテナをセキュアに開発、運用するための論点がいくつかまとめられている。その中でソフトウェア開発について、コンテナに合ったセキュアな開発プロセスを用意することと、コンテナそのものの脆弱性を管理する必要があるとしている。

 「コンテナでは、GitHubなどで公開されているイメージを利用するケースも多いが、これらに悪意のあるファイルが意図的に、または不注意で含まれていることがある」。そう述べる松岡氏は、InfoQが2021年に公開した調査レポートを取り上げ、400万近くのイメージを分析した結果、51%以上のイメージに悪用可能な脆弱性が見つかったほか、6432イメージにマルウェアが発見されたことに言及。2020年10月にDocker Hubが公開した脆弱性スキャン(有料オプション)などを活用して、コンテナ向けのセキュアな開発運用を心がけることが重要だ。

 といっても、コンテナ開発のSDLCのフェーズがMicrosoft SDLのそれとやや異なるくらいで、組み込まれるセキュリティ施策は前述のものと変わりはない。たとえば、イメージをビルドする前にSAST/SCAなどのテストを実行。イメージビルド後には、IAST/DAST、ファジング、脆弱性スキャンを実行する。運用時は、IAST/DASTやファジング、ペンテストを実行するなどだ。Dockerではコンテナアプリケーション開発のベストプラクティスを公開しているので、そちらも合わせて参照してほしいと松岡氏は紹介する。

コンテナ開発におけるSDLC+セキュリティテスト
コンテナ開発におけるSDLC+セキュリティテスト

 セキュリティテストを開発フェーズに組み込む際に課題となるスピードについては、ASOC(Application Security Orchestration and Correlation)で解決できると松岡氏は言う。ASOCは、ガートナーが提言する新しい仕組みで、セキュリティテストにオーケストレーションと相関付けを組み合わせてDevSecOpsの効率を向上させるというものだ。シノプシスでは、セキュリティテスト、オーケストレーション、相関付けでそれぞれ製品/ソリューションを提供している。

 オーケストレーション製品「Intelligent Orchestration」は、DevOpsと協調したポリシー、アプリケーションのリスクプロファイル、コードの変更、SDLCイベントなどに基づき、適切なタイミングで最適なテストの組み合わせを自動実行するソリューションだ。IDEやパッケージマネージャ、CI、ワークフローなど、開発で利用する各種ツール群と連携するほか、マニュアルのコードレビューやペネトレーションテスト、脅威モデリングによるリスク分析などの結果も取り込み、セキュリティレポートツールに出力したり、SlackやTeamsなど各種コミュニケーションツールへリアルタイムにフィードバックしたりすることも可能だ。通常の開発パイプラインとは分離した形で構成するため、簡単に既存環境に組み込めるのが特長の1つだ。

 一方の相関分析では、統合管理ダッシュボード「Code Dx」を提供する。Code Dxは、全テスト結果をもとに組織全体のセキュリティ状況やリスクの相関関係を整理し、網羅的に可視化。優先対応すべきリスクを提示し、対応の効率を上げる。

シノプシスの製品群で実現するASOC
シノプシスの製品群で実現するASOC

 「ソフトウェア/アプリケーション/サービスの開発に求められるセキュリティテストは、マイクロサービスなどのコンテナ技術へ移行しても大きく変わらない。各種ガイドラインやベストプラクティスを参考に、それぞれの開発フェーズにセキュリティテストを組み込み、ASOCの考え方を取り入れたDevSecOpsを目指す。そして何よりも、セキュリティはビジネス課題であるという意識を組織全体で共有し、ソフトウェア品質の向上とビジネスリスクの軽減に取り組むこと。これがこれからますます重要になるだろう」(松岡氏)

 日本シノプシスのブログには、開発に関わるガイドラインの解説やDevSecOpsの考え方などの記事を発信している。セキュア開発の一助になれば幸いと松岡氏は述べた。

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Developers Summit 2022 レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷崎 朋子(タニザキ トモコ)

 エンタープライズIT向け雑誌の編集を経てフリーランスに。IT系ニュースサイトを中心に記事を執筆。セキュリティ、DevOpsあたりが最近は多めですが、基本は雑食。テクノロジーを楽しいエクスペリエンスに変えるような話が好きです。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/15753 2022/05/09 12:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング