CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows PowerShell 入門(2)-基本操作編 2

パイプの使用方法を中心としたコマンドレット操作方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/02/27 08:00

目次

パイプライン

 PowerShellを使用していく上で、パイプラインは欠かせない機能の1つです。パイプライン(以下パイプ)とは|であらわし、コマンドの実行結果を次のコマンドの入力へと引き渡します。

 Get-Memberコマンドレットを使用しながら、パイプの機能を見てみましょう。まず、Get-Memberコマンドレットですが、オブジェクトが持つメンバー情報を取得する機能を持ちます。

 先ほど使用したGet-Dateコマンドレットが返すオブジェクトのメンバー情報を取得してみましょう。コンソールウィンドウに、

Get-Date | Get-Member

 と入力しEnterキーを押してください。これはGet-Dateコマンドレットの結果をパイプでGet-Memberコマンドレットに引き渡すことを意味しています。

 Get-Dateコマンドレットが返すSystem.DateTimeオブジェクトのメソッドとプロパティの一覧を確認することができました。これは、Get-Dateコマンドレットが返すSyste.DateTimeオブジェクトがパイプを流れ、Get-Memberプロパティに渡されたからです。

 このようにパイプにはオブジェクトが流れます。

Get-Memberコマンドレット
 せっかくなのでGet-Memberの使用方法を少し紹介します。
 Get-Memberコマンドレットは、-MemberTypeパラメータを使用すると、パイプで受け取ったオブジェクトが持つメソッドのみ表示したり、プロパティのみを表示したりすることが可能です。
 メソッドのみを表示させる場合は、
Get-Date | Get-Member -MemberType Method
 プロパティのみを表示するには、
Get-Date | Get-Member -MemberType Property
 のように入力します。
 パイプラインについて理解ができると、使用できるコマンドレットの幅が広がります。ぜひ、ほかのコマンドレットでも試してみてください。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Windows PowerShell 入門

もっと読む

著者プロフィール

  • HIRO(ヒロ)

    HIRO's.NETのHIROです。 とある半導体工場のSEです。 VB.NET, C#, PowerShellによるプログラミングを楽しんでいます。 最近はBlog でPowerShellについて書いています。 2008/07/07にPowerShell from Japan!!という...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5