SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Silverlight 2で作成する業務アプリケーション入門(PR)

Silverlight 2の業務アプリケーションへの活用
Silverlight 2の紹介

Silverlight 2で作成する業務アプリケーション入門 (1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開発環境およびサンプル実装

 では、実際にSilverlight 2の開発環境を整え、プロジェクトを作成してみましょう。

コンポーネントの入手

 Microsoft Visual Studio 2008 SP1上に開発環境を構築します。Visual Studio 2008、Microsoft Expression Blend 2で開発する場合は、それぞれにサービスパック1(SP1)の適用が必須ですのでご注意ください。

Silverlight 2の開発に必要なソフトウェア/コンポーネント
コンポーネント名 概要
Silverlight 2 ブラウザでSilverlight 2のコンテンツを利用するためのプラグイン
Visual Studio 2008 SP1 .NET Frameworkの基本的な統合開発環境
Microsoft Silverlight Tools Visual Studio上で動作するSilverlight 2用の開発ツール
Microsoft Expression Blend 2 SP1 ユーザーインターフェイスデザイン用のツール。Blend 2の評価版はダウンロードセンターから入手可能

Silverlight Toolsのインストール

 Visual Studio 2008 SP1が既にインストールされていることが前提となります。また過去バージョンのSilverlight Toolsが既にインストールされている場合は、必ずアンインストールした上で実行してください。

 ダウンロードしたインストーラを起動するとインストールウィザードが開始されます。ウィザードに従ってインストールを完了させてください。

開発環境の整備 - プロジェクトの作成

 では、Silverlight Toolsを使ってSilverlightプロジェクトを作成してみましょう。

 Visual Studio 2008を起動します。[ファイル]-[新規作成]-[プロジェクト]を選択すると[新しいプロジェクト]ダイアログが表示されます。Silverlight Toolsをインストールすることにより、[プロジェクトの種類]の[Visual Basic]以下および[Visual C#]以下に[Silverlight]項目が出現しています。

新しいプロジェクト
新しいプロジェクト

 使用したい言語の[Silverlight]を選び、[テンプレート]欄から[Silverlight アプリケーション]を選択します。プロジェクト名/場所/ソリューション名を指定し、[ソリューションのディレクトリを作成]にチェックを入れて[OK]を押下します。

Silverlightアプリケーションの追加
Silverlightアプリケーションの追加

 続いて[Silverlightアプリケーションの追加]ウインドウが表示されます。Silverlightはブラウザ上で実行されるため、プロジェクト内でのテスト環境を指定する必要があります。ここでは一番上の[Silverlightをホストするための新しいASP.NET Webプロジェクトをソリューションに追加する]を選択しましょう。選択したら[OK]ボタンで先に進みます。

 これはSilverlightプロジェクト作成時に、WebサイトまたはWebアプリケーションプロジェクトを同時に作成する設定です。この場合、Silverlightアプリケーションはここで作成されるWebサイト、もしくはWebアプリケーションプロジェクト上で実行されます。

 [オプション]-[プロジェクトの種類]で[ASP.NET Webサイト]、[ASP.NET Webアプリケーションプロジェクト]が選択できますが、ここでは[ASP.NET Webサイト]を選んでおきます。このオプションは.NETのWebアプリケーション環境が2種類のWebプロジェクトをサポートしていることによりますが、どちらを選んでもSilverlightプロジェクトには影響しません。

 他の項目についても少し説明を加えておきます。

 2番目の[ビルド時にSilverlightをホストするテストページを自動的に生成する]はローカルにHTMLファイルを作成し、そこからSilverlightアプリケーションを実行するテスト環境です。このオプションが最も単純ですが、セキュリティコンテキストなどの面で現実の実行環境とは異なってくる場合がありますので、今回は選択しません。

 3番目の[このSilverlightコントロールを既存のWebサイトにリンクする]は、既存のソリューションにSilverlightを追加する際、WebサイトまたはWebアプリケーションプロジェクトが既に存在していれば有効になります。この場合は選択できないようになっています。

プロジェクト作成完了
プロジェクト作成完了

 上画面のようにプロジェクトが作成されました。表示のルート要素になる「Page.xaml」タブが開かれ、真っ白なプレビュー画面が表示されます。これで必要なファイルやソリューションが生成されています。

次のページ
まとめ

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Silverlight 2で作成する業務アプリケーション入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLDB/PEAR/Smarty)」「独習シリーズ(ASP.NET/PHP)」「10日でおぼえる入門教室シリーズ(ASP.NET/PHP/Jakarta/JSP&サーブレット/XML)」「Pocket詳解辞典シリーズ(ASP.NET/PHP/Perl&CGI)」「今日からつかえるシリーズ(PHP/JSP&サーブレット/XML/ASP)」「書き込み式 SQLのドリル」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

WINGSプロジェクト 土井 毅(ドイ ツヨシ)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/3338 2009/01/22 13:11

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング