Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AIR/Flex/Flash Player、これだけは押さえておきたいAdobe技術をなかの人とおさらい

エバンジェリストと振り返るAdobeの2008年(前編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/01/21 18:23

 昨今、開発者にも身近な存在となってきたAdobeの各種技術。とくに2008年はAIR正式版やFlex 3リリースなど大きな発表もあった。しかし、普段使わないとなかなかどういう技術で、どういった使い方ができるのかわからないのも事実。Adobeの西山さん、轟さんと一緒に、2008年のAdobeの出来事を振り返りながら、押さえておきたい各種技術の基本をおさらいする。

目次

 昨今、開発者にも身近な存在となってきたAdobeの各種技術。とくに2008年はAIR正式版やFlex 3リリースなど大きな発表もあった。しかし、普段使わないとなかなかどういう技術で、どういった使い方ができるのかわからないのも事実。

 Adobeの西山さん、轟さんと一緒に、2008年のAdobeの出来事を振り返りながら、押さえておきたい各種技術の基本をおさらいする。

Adobeマーケティング本部クリエイティブソリューション部Webグループ
グループリーダー西山正一さん(左) ディベロッパーマーケティングスペシャリスト轟啓介さん(右)
Adobeマーケティング本部クリエイティブソリューション部Webグループ グループリーダー 西山正一さん(左) ディベロッパーマーケティングスペシャリスト轟啓介さん(右)

2008年最初のビックニュースは、AIR正式版公開!

編集部
2008年は、かなり色々な製品をリリースなさいましたよね?
西山
色々でましたね。私も多分ほとんど覚えてない(笑)
編集部
ははは(笑)、まず昨年2月にAIR正式版とFlex 3が発表されました。
西山
AIR 1.0とFlex 3は、大きな発表だったと思います。AIRはコードネーム「Apollo」という名前で発表してから、正式版発表までにずいぶん時間が経っていました。ベータ版の段階でかなりの数のアプリケーションが開発されていたり、商用利用されていたりといったケースもあったので、2月を区切りにガラッと変わったというよりも、なんとなく「来たな」という感じです。

とはいえ、やはりアプリケーションを開発されている方々にとっては、ベータ版の基盤は心もとない感じがするので、きちんと正式版としてリリースできたのは、重要なマイルストーンだと思います。事実、昨年夏にAIR 1.1で日本語対応(マルチランゲージ対応)するまでの間に、相当な数の商用アプリケーションが国内で出揃っていました。

注目度しかりなのですが、開発のしやすさ、すなわち、全く新しいプラットフォームとはいえFlashベースの技術なので勝手知ったる技術を使って開発できる、という点が顕著にでたのかなと思います。そういう意味では、期待以上の受け止められ方をされたのではないかと考えています。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2009/01/28 13:04 誤字を修正しました。

著者プロフィール

バックナンバー

連載:話題のあの人にインタビュー!

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5