CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Accessによる検索機能付き掲示板の作り方

フォームとクエリを利用して書き込み・検索機能を持った掲示板を作る

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/06/29 00:00

書き込み、一覧表示、検索の3つのフォームを使用して、情報の書き込みと表示・検索を行う掲示板機能を持ったデータベースをAccessで作成します。本記事では、ある企業において顧客からのクレーム内容を掲示板でだれでも見れるようにする、という開発例で解説を行います。

目次
完成図
完成図

はじめに

 インターネットでよく使われている掲示板プログラムは、フリーソフトなどで手に入れることができますが、書き込みを一覧表示するだけで、検索機能を持ったものはあまり見かけません。雑談のような目的で使うのならともかく、企業内の有益な情報を共有化したい、という場合には検索機能も必要になってきます。

 そこで、Microsoft Accessというデータベースソフトを使って、書き込みの検索機能を持った掲示板データベースを作成する方法を紹介します。

対象読者

 Accessで、テーブル、フォーム、クエリを作ることができるレベルの人。

必要な環境

 Access 2003が使用できる環境。Access 2000でも動作すると思いますが、検証はしていません。

情報掲示板の機能の概要

 書き込み、掲示板、検索の3つのフォームを使用して、情報の書き込みと表示・検索を行います。

 書き込んだ内容はフォームで一覧表示し、最新の書き込みから表示します。また、新規に書き込みがあった時点で表示内容を更新し、書き込みを反映します。検索機能では、基礎情報を元に2つ以上の条件で書き込みの内容を検索できるようにし、検索結果は一覧表示とは別の専用フォームで表示します。

 検索のためのクエリは、複数の条件で検索できるようにするので、このクエリの作成がポイントになるのと、フォームに配置したコントロールとテーブルのフィールドをどう連動させるのかがポイントになります。

 本記事では、ある企業において顧客からのクレーム内容を掲示板でだれでも見れるようにする、という開発例でデータベースを作成しています。

画面1 掲示板のメインフォーム
画面1 掲示板のメインフォーム
画面2 書き込みのフォーム
画面2 書き込みのフォーム
画面3 検索フォーム
画面3 検索フォーム

テーブルの作成

 最初にテーブルを作成します。といっても、ここでは普通のテーブルを作成するだけなので簡単です。テーブルは、「メインボード」「所属」「情報の種類」の3つです。

テーブル-「メインボード」

 掲示板のメインとなるテーブルです。以下の画面4に示したフィールドとデータ型を作成します。フィールド記入日時だけは、既定値欄に「=Now()」とNow関数を入力しておきます。こうすると、自動的に書き込んだ時点の日時が入力されます。そして、フィールドNoに主キーを設定します。また、フィールド内容の[フィールドサイズ]を「50」から「255」に変更しておいてください。

テーブル-「所属」

 テーブル「所属」は、書き込み・検索の際にフォームでリストを表示するために使用します。フィールドIDに主キーを設定します。また、テーブルには画面4にあるデータを入力しておきます。

テーブル-「情報の種類」

 テーブル「情報の種類」も、書き込み・検索の際にフォームでリストを表示するために使用します。フィールドIDに主キーを設定します。また、テーブルには画面にあるデータを入力しておきます。

画面4 作成したテーブル
画面4 作成したテーブル

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5