Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ベータ2で試す「Visual Studio 2010」「.NET Framework 4」の新機能

Visual Studio 2010 Beta 2レビュー(後編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/12/07 14:00

目次

アドイン不要でSilverlightアプリケーション開発

 Visual Studio 2008(以下、VS2008)では、Silverlight 3アプリケーションを開発するために追加でツールキットを適用させる必要がありました。

 しかし、VS2010 Beta 2では、VS2010をインストールするだけで簡単に、Silverlight 3アプリケーションの開発に取り組めます。

参考

 先日、11月19日(現地時間)までロサンゼルス開催されていたPDC(Professional Developers Conference)でアナウンスのあったSilverlight 4 Betaについては別途、アドインのインストールが必要です。以下のサイトからダウンロード可能です。

 

VS2010 Beta 2で変わったこと

 VS2008にツールキットを適用させた時と比べて大きく変わった点は、次のとおりです。順を追って説明します。

  • オプションでSilverlightのバージョンを選択可能
  • Silverlightのコントロールをデザイナ上にドラック&ドロップで配置可能
  • 新しいプロジェクトの種類で[ASP.NET MVCプロジェクト]が選択可能

 それでは早速、Silverlightアプリケーションの新規プロジェクトを追加して、確かめてみましょう。

 [スタート]-[すべてのプログラム]-[Microsoft Visual Studio 2010]-[Microsoft Visual Studio 2010]よりVS 2010 Beta 2を起動します。

 [ファイル]-[新規作成]-[プロジェクト]より、[新しいプロジェクト]ダイアログで左側の[インストールされたテンプレート]欄のSilverlightを選択すると、[Silverlightアプリケーション][Silverlightナビゲーションアプリケーション][Silverlightクラスライブラリ]の3種類のテンプレートが表示されます(図1)。

 [Silverlightアプリケーション]および、[Silverlightナビゲーションアプリケーション]テンプレートはSilverlightアプリケーションを作成するためのテンプレートで、ユーザーインターフェイスを作成する際に使用されるMainPage.xamlを含んで作成されます。この2つの違いは空のテンプレートか、あらかじめページが準備されているかです。また、[Silverlightクラスライブラリ]はSilverlightのクラスライブラリを作成するためのテンプレートです。

図1 [新しいプロジェクト]ダイアログ
図1 [新しいプロジェクト]ダイアログ

 今回は、[Silverlightアプリケーション]のテンプレートを使って説明します。適当なプロジェクト名を入力後、[OK]ボタンをクリックすると、[新しいSilverlightアプリケーション]ダイアログが表示されます(図2)。

図2 [新しいSilverlightアプリケーション]ダイアログ(VS2010 Beta 2)
図2 [新しいSilverlightアプリケーション]ダイアログ(VS2010 Beta 2)

 ここで、新しいプロジェクトの種類で[ASP.NET MVC プロジェクト](ASP.NETをベースに開発されたMVCスタイルのフレームワークを利用するプロジェクト)が選択可能となっていることと、オプションで[Silverlightのバージョン]が選択可能となっていることが確認できます(図3)。

 VS2010 Beta 2のインストール時にはSilverlight 3がインストールされるので、図3ではSilverlight 3しか表示されていませんが、別途インストールすることで複数のバージョンが選択可能です。ただし、VS2010 Beta 1の段階では切り替えが可能であったSilverlight 2がVS2010 Beta 2からはサポート外となったようです。

図3 新しいプロジェクトの種類とオプション
図3 新しいプロジェクトの種類とオプション

 図4はVS2010 Beta 2にSilverlight 4 Betaをインストールした場合の[Silverlightのバージョン]の選択欄です。

図4 Silverlightのバージョン選択
図4 Silverlightのバージョン選択

 図5はVS2008の時の新しい[Silverlightアプリケーション]ダイアログです。

図5 [新しいSilverlightアプリケーション]ダイアログ(VS2008)
図5 [新しいSilverlightアプリケーション]ダイアログ(VS2008)

 図6はMainPage.xamlのデザイナ上にSilverlightのコントロールをドラック&ドロップしている様子を表したものです。

図6 デザインビュー(VS2010 Beta 2)
図6 デザインビュー(VS2010 Beta 2)

 VS2008では図7のようにデザインビューが表示されませんでした。これだけでも、開発生産性が大きく向上するでしょう。

図7 デザインビュー(VS2008)
図7 デザインビュー(VS2008)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト asa(asa)

     <WINGSプロジェクトについて>  有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Visual Studio 2010 Beta 2レビュー
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5